香水のトップノートとは?ミドルノートやラストノートとの違い・香料の種類などをご紹介

香水のトップノートとは?ミドルノートやラストノートとの違い・香料の種類などをご紹介

香水にはさまざまな香りがブレンドされており、時間が経つと徐々に香りが変わります。
香水を付けた際に最初に香るのがトップノートです。トップノートは、香水の第一印象を決める香りでもあります。

香水選びで失敗したくない方は、トップノートについて理解しておいたほうが良いでしょう。
そこで、本記事では、香水のトップノートがどのようなものなのかを解説します。

ミドルノートやラストノートとの違い、トップノートに使われる香料の種類や香水選びのポイントなどについても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

香水の「トップノート」とは?

香水のトップノートとは、肌に付けた時に最初に香る香りのことを指します。
香水を付けた瞬間に香るため、その香水を印象付ける重要な香りといって良いでしょう。
トップノートは、揮発性が高いという特徴があります。

すぐに香りを感じることができますが、肌から離れてしまうため、香りは長続きしません。
持続時間は香水によって異なりますが、5~30分くらいとなっています。

「ミドルノート」や「ラストノート」との違い

香水はトップノートから香り始めて、次にミドルノート(ハートノート)やラストノート(ベースノート)へと3つの段階に変化するのが特徴です。
これらの段階は、「香りのピラミッド」とも呼ばれています。

ミドルノートとは

ミドルノートは、香りの中間に位置する香りです。香りのピラミッドでは真ん中に位置しています。このミドルノートは、香りの心臓部にあたるため、「ハートノート」と呼ばれることもあります。

ミドルノートが香り始めるのは、身体に付けてから30分~2時間くらいです。
揮発速度が遅い香料で構成されているため、トップノートよりも持続時間が長くなっています。

香水本来の香りが長続きしますので、香水を選ぶ際には、このミドルノートの香りをよく確認しておいたほうが良いでしょう。

ミドルノートでよく用いられる香りとしては、ジンジャーやブラックペッパーなどのジンジャー系、カルダモンやシナモンなどのスパイシー系、ジャスミンやローズなどのフローラル系があります。

ラストノートとは

ラストノートは、トップノートやミドルノートの次に香る香りです。
香りのピラミッドでは一番下に位置する香りであり、「ベースノート」、「ボトムノート」、「ラスティングノート」などと呼ばれることもあります。

ラストノートが香り始めるのは、香水を付けてから2時間後くらいです。
揮発が遅い香料で構成されているため、持続性が高く、長く香りを楽しむことができます。

ラストノートで用いられる香りは、アンバー、バニラ、シベッド、ムスクなどの動物性の香りがです。サンダルウッド、シダーウッドなどのウッディ系の香りもよく用いられています。

トップノートに使われる香料の種類

トップノートには、爽やかで軽やかな印象の香料が多く用いられています。
具体例は以下の通りです。

柑橘系の香り

トップノートには、ベルガモット、レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系が使われることが多い傾向です。これらの柑橘系の香りはフレッシュさが魅力です。清涼感や清潔感もあります。

リフレッシュしたい時には、トップノートに柑橘系の香りがブレンドされている香水を選んでみると良いでしょう。

アロマティック系の香り

ラベンダー、ローズマリー、ユーカリなどのアロマティック系も、トップノートで用いられることが多い香りです。アロマティック系の香りを嗅ぐと、リラックス効果が期待できます。

香りで癒されたい時には、トップノートにロマティック系の香りがブレンドされている香水がうってつけでしょう。

フルーツ系の香り

アップル、ピーチ、ネクタリンなどのフルーツ系も、トップノートではよく用いられている香りです。甘くてフルーティーな香りは、みずみずしさがあり、心地良い気分にさせてくれます。

香水選びのポイント

ここでは、香水を選ぶ際に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

トップノートの香りだけで判断しないことが大切!

トップノートは、その香水の第一印象を決める香りです。
ただ、第一印象だけで選んでしまうと、ミドルノートやラストノートへと香りが変わった時に、イメージと違うと感じてしまうこともあるかもしれません。

香水を選ぶ際には、トップノートの印象を大事にしつつも、ミドルノートやラストノートもよく確認しておいたほうが良いでしょう。

ミドルノートやラストノートへと香りが変わるまでには、少し時間がかかりますので、テスターを肌に付けて香りの変化をチェックしてみることをおすすめします。

店頭にテスターが置いてない場合やオンラインショップで香水を購入する場合には、トップノート、ミドルノート、ラストノートのそれぞれにどんな香料が使われているのかをよく調べておいたほうが良いでしょう。

香調もチェックする

香水を選ぶ際には、香りのピラミッドを確認するだけでなく、香調もチェックしておきましょう。

香調は、香りの種類を表す分類を指す言葉で、「ノート」とも呼ばれています。
代表的な香調としては、シトラスノート、フローラルノート、フルーティーノート、ウッディノート、オリエンタルなどがあります。

たくさんの香調がありますので、イメージに合うものを選んでみると良いでしょう。

シトラスノート

シトラスノートは、オレンジやレモンなどの柑橘系の爽やかな香りです。
爽やかでフレッシュな印象を与えて、前向きな気持ちにさせてくれます。
性別を問わない香りなので、家族やカップルでシェアもしやすいでしょう。

フローラルノート

フローラルノートは、ジャスミン、ローズ、ミュゲなどのお花をイメージさせる香りです。
柔らかに香り、優しい印象を与えるため、女性にはうってつけの香りとなっています。
パーティーやデートなどで、気分を盛り上げたい時にもおすすめの香りです。

フルーティーノート

フルーティーノートは、アップル、ベリー、ネクタリンなどのフルーツの香りです。
みずみずしくて、甘さを感じさせる香りとなっています。

ウッディノート

ウッディノートは、シダーウッド、サンダルウッドなどの樹木を連想させる香りです。
落ち着いた印象を与えてくれますので、大人におすすめです。

オリエンタル

オリエンタルは、シナモン、バニラ、ムスクなどの香りです。
官能的でエキゾチックな香りは、セクシーさを表現したい時にうってつけです。

トップノートの香り別!おすすめの香水

最後に、トップノート香り別で、おすすめの香水を何点かご紹介します。

柑橘系

爽やかな柑橘系のトップノートを楽しみたい方には、Gres(グレ)のカボティーヌ レモン 19 オードトワレがおすすめです。こちらの香水は、搾りたてのレモンのようなフレッシュな香りが楽しめます。

トップノートは、レモン、グレープフルーツ、ベルガモットなどの香りです。爽やかでジューシーな香りが広がるので、爽快な気分に浸れることでしょう。レモンが配置されたボトルデザインもおしゃれで、楽しい気分にさせてくれます。

フルーティー系

甘いフルーツの香りが好きな方には、LANVIN(ランバン)のモダンプリンセスがおすすめです。
こちらは、現代のプリンセスをイメージして作られた香水です。

トップノートは、ピンクアップル、レッドカラントなどの香りが用いられており、肌に付けた瞬間から甘くてみずみずしい香りが楽しめます。

アロマティック系

アロマティック系の香りを楽しみたい方には、ALTAMODA(アルタモーダ) のオーセンティックブルーがおすすめです。

トップノートには、ローズマリー、プチグレン、ネロリなどの香りが調合されており、水のような透明感のある香りが広がります。癖がない爽やかな香りなので、幅広いシーンで使いやすいでしょう。

 

まとめ

トップノートは、最初に香る香りのことです。香りのピラミッドでは、一番上に位置しています。トップノートに使われる香料は、柑橘系、フルーティー系、アロマティック系などがあります。

トップノートは揮発性が高いため、すぐに香りを感じることができますが、香りの持続時間は5~30分程度です。香水の第一印象を決める役割を担っていますが、すぐに香りが消えてしまいます。

香水を選ぶ際には、トップノートの印象だけでなく、ミドルノートやラストノートなどもよく確認しておくことがポイントです。テスターや成分表などをよく確認して、最適な香水を選ぶと良いでしょう。

【監修者:MELLフレングランス編集部】
この記事はMELLフレングランス編集部が監修しました。小分け香水に関して、今後もお役に立つ情報を提供してまいります。
ブログに戻る
  • 8月におすすめ香水5選をご紹介

    8月におすすめ香水5選をご紹介

    夏の訪れと共に、太陽が降り注ぐ季節となりました。活気あふれる街並みと、心地よい風を感じながら、自分らしさを表現する香水を纏ってみてはいかがでしょうか? 今回ご紹介するのは、8月におすすめしたい5つの香水です。それぞれの香りの特徴と魅力を、シーンや気分に合わせてご紹介します。 8月におすすめの香水は? 夏の訪れを感じる8月、季節にぴったりの香水を選びたいですよね。今回は、5つの特別な香りをご紹介します。 ご紹介するのは、イソップの「タシット オードパルファム」、サンタマリアノヴェッラの「エンジェルオブフローレンス」、ルイヴィトンの「パシフィックチル」、メゾンフランシスクルジャンの「アクアユニヴェルサリス」。そして、ルアぺの「ホワイトアプリコット」です。 どれも8月の暑さを和らげる素晴らしい選択肢です。自分のスタイルや気分に合わせて、お気に入りの一本を見つけてみてください。 ここから、それぞれの香水についての詳細をお伝えします。 1.イソップ タシット オードパルファム イソップ タシット オードパルファムは、地中海の澄んだ空気と、太陽の温もりを感じさせるような、シトラスとハーバルの香りです。フレッシュなユズやバジルクランベールにクローブ、ローズマリーやフェンネル、ミントの香りが爽やかでありながらも深みのある印象を与えます。夏の暑さに負けず、凛とした自信と洗練された雰囲気を演出したい方におすすめです。 イソップ タシット オードパルファムの香水はこちら 2.サンタマリアノヴェッラ エンジェルオブフローレンス イタリア・フィレンツェ生まれの老舗香水ブランド、サンタマリアノヴェッラの、甘やかでフルーティーな香りの香水です。ピーチやオレンジのフルーティーノートに、マリンノート、ジャスミン、ブラックカラントが調和し、バニラやムスク、サンダルウッドの温かみのある甘さが加わります。特別な日の装いを格上げし、女性らしさを引き立ててくれるでしょう。 3.ルイヴィトン パシフィックチル パシフィックチルは、カリフォルニアの海を思わせるような、爽やかでエキゾチックな香り。ジューシーなブラックカラントやシトラスに、ミントやコリアンダーのスパイシーなアクセントが効いています。活気に満ちた夏の日差しにぴったりな、軽やかで開放感のある香りは、アクティブなシーンにもおすすめです。 ルイヴィトン パシフィックチルの香水はこちら 4.メゾンフランシスクルジャン アクアユニヴェルサリス アクアユニヴェルサリスは、フランスの調香師、フランシス・クルジャン氏が手がけた、シャボンの香りを彷彿とさせる香りのユニセックス香水。透明感のあるシトラスとフローラルの香りに、ムスクやアンバーの温もりを与えています。性別や年齢を問わず、どんな方にも使いやすい洗練された香りは、夏のあらゆるシーンに寄り添ってくれるでしょう。 メゾンフランシスクルジャン アクアユニヴェルサリスの香水はこちら 5.ルアぺ...

    8月におすすめ香水5選をご紹介

    夏の訪れと共に、太陽が降り注ぐ季節となりました。活気あふれる街並みと、心地よい風を感じながら、自分らしさを表現する香水を纏ってみてはいかがでしょうか? 今...

  • 7月におすすめ香水5選をご紹介

    7月におすすめ香水5選をご紹介

    7月の暑い季節には、フレッシュで軽やかな香りがぴったりです。今回、7月におすすめの夏に映える香水をピックアップしました。フルーティからフローラル、シトラス系まで、さまざまな香りを楽しめる5つの香水をご紹介します。 これらの香水で、夏の日々をより爽快に、そして心地よく過ごしましょう。 7月におすすめの香水は? 7月は、梅雨が明け、本格的な夏が訪れる季節です。気温も湿度も高くなり、汗ばむことも多くなります。そんな季節には、爽やかで軽やかな香りの香水がおすすめ。 ご紹介するのは、ジョーマローンの「イングリッシュペアー&フリージア」、イヴ・サンローランの「リブレ」、ルイヴィトンの「ローズデヴァン」、エイディクトの「イートザピーチ」。最後にアクアディパルマの「アランチャ」です。 これらの香水で、夏の日々をさらに特別なものにしましょう。 1.ジョーマローン イングリッシュペアー&フリージア ジョーマローンの「イングリッシュペアー&フリージア」は、夏の香りを象徴するようなフレッシュで爽やかな香水です。初夏を思わせる甘く瑞々しい梨のトップノートと、洗練されたフリージアの花の香りが絶妙にブレンドされています。 この香りは、穏やかで温かみのあるアンバー、パチョリ、ウッズのベースノートによって深みを増し、長時間心地よい香りを楽しむことができます。夏のデイタイムにも、特別な夜にもぴったりな、多様なシーンで使える香水です。 ジルスチュアート ホワイトフローラルの香水はこちら 2.イヴ・サンローラン リブレ イヴ・サンローランの「リブレ」は、自由をテーマにしたジェンダーレスな香水。この香水は、ラベンダーエッセンスとモロッカンオレンジブロッサムが融合し、クラシカルでありながら現代的な感覚を感じさせる独特の香りを放ちます。 ベースには、バニラ、アンバーグリス、ムスクが加わり、洗練された甘さと深みを演出。夏の暑い日々に、この香水はクールで洗練された印象を与える香水として最適です。日中のビジネスシーンから夜のパーティーまで、幅広いシチュエーションで活躍するでしょう。 イヴ・サンローラン リブレの香水はこちら 3.ルイヴィトン ローズデヴァン ルイヴィトンの「ローズデヴァン」は、洗練されたエレガンスを象徴する香りです。この香水は、豊かなブルガリアンローズを中心に、アンバーとホワイトムスクの温かみのあるノートが絶妙に調和しています。 フローラルでありながらも、深みと複雑性を持ち合わせたこの香りは、7月の夏の日に特別な洗練を加えてくれます。デートや特別なイベントにぴったりで、持続性にも優れています。 ローズデヴァンは、夏に向けての新たな定番としておすすめです。 ルイヴィトン ローズデヴァンの香水はこちら 4.エイディクト イートザピーチ エイディクトの「イートザピーチ」は、夏の楽しさをギュッと詰め込んだような香水です。この香りは、ジューシーでフレッシュな甘い桃をメインに、ウッディノートが絶妙にミックスされています。 軽やかでありながらも、その存在感はしっかりと感じられ、暑い7月の日々をフレッシュに彩るのに最適です。カジュアルな日常使いから、夏の特別なイベントまで幅広くお使いいただける香水です。 エイディクト...

    7月におすすめ香水5選をご紹介

    7月の暑い季節には、フレッシュで軽やかな香りがぴったりです。今回、7月におすすめの夏に映える香水をピックアップしました。フルーティからフローラル、シトラス...

  • 6月におすすめ香水5選をご紹介

    6月におすすめ香水5選をご紹介

    6月は梅雨の時期で、じめじめとした暑さに加えて、紫外線も強くなり、気分も落ちがちです。そんな季節におすすめしたいのが、爽やかで軽やかな香りや、リラックスできる香りの香水です。 この記事では、6月にぴったりな香水5選をご紹介します。どれも6月のじめじめを吹き飛ばしてくれるような、爽やかで軽やかな香りばかり。ぜひお気に入りの1本を見つけて、梅雨の季節を楽しくお過ごしください。 6月におすすめの香水は? 6月は湿気が高く、気温も上昇し始める季節。心地よく過ごすためには、選ぶ香水も重要なポイントになります。そんな6月におすすめなのが、軽やかで爽やかな香りの香水たち。 今回ご紹介するのは、ジルスチュアートの「ホワイトフローラル」、ディオールの「ソバージュ オーデトワレ」、ゲランの「ムスクウートルブラン オードパルファム」、エルメスの「地中海の庭」、ブルガリの「オムニア アメジスト オードトワレ」の5つの香水です。 ここから、それぞれの香水について詳しくお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。 1.ジルスチュアート ホワイトフローラル ホワイトフローラルは、清楚で可憐なホワイトフローラルの香りに、シトラスやムスクが加わった、ジルスチュアートらしいフェミニンな香水です。雨上がりのような爽やかさと、ふんわりとした優しさを兼ね備えた香りは、梅雨のじめじめを吹き飛ばしてくれるでしょう。 甘すぎず、きつすぎない香りなので、どんなシーンにも使いやすいのが特徴。オフィスや学校、デートなど、様々なシーンで活用できます。 ジルスチュアート ホワイトフローラルの香水はこちら 2.ディオール ソバージュ オーデトワレ ソバージュ オーデトワレは、マンダリンやベルガモットの爽やかさに、ピンクペッパーやナツメグといったスパイシーなアクセントを加えた、ディオールの香水です。 爽やかなベルガモットとほろ苦いトンカビーンにくわえ、アンバーウッドのウッディな香りが、洗練された力強さを演出します。フレッシュでありながらも、深みのある香りが、湿気や気温の高さにも負けず、長時間にわたって爽快感を保つことができます。 ディオール ソバージュ オーデトワレの香水はこちら 3.ゲラン ムスクウートルブラン オードパルファム ムスクウートルブランは、清潔感のあるムスクと、上品なホワイトフローラルの香りが調和した、ゲランのロングセラー香水です。雨の多い梅雨時にも心を落ち着かせ、ほのかな甘さとともに清潔感を漂わせます。 ふんわりと優しい香りは、リラックスしたい時におすすめ。この上品で落ち着いた香りは、蒸し暑い日にも適しており、どんなシチュエーションでも穏やかな印象を与えてくれるでしょう。 ゲラン ムスクウートルブラン オードパルファムの香水はこちら...

    6月におすすめ香水5選をご紹介

    6月は梅雨の時期で、じめじめとした暑さに加えて、紫外線も強くなり、気分も落ちがちです。そんな季節におすすめしたいのが、爽やかで軽やかな香りや、リラックスで...

  • ベルガモットの香水おすすめ5選をご紹介!香りの特徴や効果なども解説

    ベルガモットの香水おすすめ5選をご紹介!香りの特徴や効果なども解説

    ベルガモットの香水は、その爽やかでフルーティーな香りが特徴的で、多くの人々に愛されています。 今回は、ベルガモットの香水の魅力を徹底解説し、その特徴や効果について詳しく紹介します。さらに、おすすめのベルガモット香水5選を厳選し、それぞれの香水が持つ独自の魅力や使用シーンについてもお伝えします。 ベルガモットは、柑橘系の中でも特にフレッシュでさわやかな香りを持ち、心をリフレッシュさせると同時にリラックス効果も期待できるため、日常使いから特別な日の演出まで幅広く活躍します。 この記事を通じて、自分にぴったりのベルガモット香水を見つけ、日常生活に心地よい香りのアクセントを加えてみてください。   この記事でわかること ・ベルガモットの香水の特徴と効果 ・ベルガモットの香水がぴったりの利用シーンや季節 ・ベルガモットの香水のなかでもとくにおすすめの商品5選 ベルガモットの香水の特徴と効果を解説 ベルガモットの香水は、その爽やかでフルーティーな香りが特徴です。ベルガモットは、柑橘系の果実でありながら、他の柑橘類とは一線を画す独特の香りを持っています。 トップノートとして使用されることが多く、その軽やかでリフレッシュ感あふれる香りは、瞬時に気分を明るくしてくれます。ベルガモットの香りは、レモンやオレンジといった一般的な柑橘類に比べて、少し甘みがあり、ほんのりとした苦味がアクセントになっています。 多くの場合、フローラルやウッディノートと組み合わせることで、より深みのある香りが演出されます。また、ベルガモットはユニセックスな香りとしても人気があり、男女問わず幅広いシーンで使用されています。 特に、エレガントで洗練されたイメージを持つ香水のベースとして愛用されており、さまざまなフレグランスのバリエーションに対応できる柔軟性があります。 ベルガモットの香り効果とは? ベルガモットの香りには、多くの心理的および身体的な効果があるとされています。 まず、その爽やかな香りは、ストレスや不安を軽減する効果があります。ベルガモットの香りを嗅ぐことで、リラックスしやすくなり、心のバランスを取り戻す手助けとなります。 また、ベルガモットには抗うつ作用があり、気分を高揚させる効果も期待できます。特に、気分が落ち込みやすい時や疲労感が強い時に使用すると、心地よいリフレッシュ感を得ることができます。 さらに、ベルガモットの香りは、集中力を高める効果もあります。作業や勉強の際にベルガモットの香りを取り入れることで、効率的に取り組むことができるでしょう。 加えて、ベルガモットには抗菌作用があり、空間の浄化にも役立ちます。このため、アロマテラピーやルームフレグランスとしても人気があります。 ベルガモットの香水が活かせるのはどんなシーン? ベルガモットの香りはリフレッシュ効果があり、日常のあらゆるシーンで活躍します。朝の身支度や昼間のちょっとした気分転換に使用することで、気持ちをリセットし、前向きな気分を保てます。 また、オフィスやビジネスシーンにもぴったりです。軽やかで清潔感のある香りが、周囲に好印象を与えるとともに、自分自身の集中力やモチベーションを高める効果があります。 くわえて、ベルガモットの香りはスポーツやアウトドア活動前後にも適しています。フレッシュでエネルギッシュな香りが、体を動かす前に活力を与え、運動後のリフレッシュにも最適です。 さらにベルガモットの香りは、リラックス効果もあるため、自宅でのリラックスタイムや夜のリフレッシュに最適です。お風呂上がりや就寝前に使用することで、心地よい安らぎを感じられます。 ベルガモットの香水に最適な季節はいつ? ベルガモットの香水に最適な季節は、特に春と夏です。春の穏やかな気候に、ベルガモットの軽やかな香りが明るい気分を引き立てます。春は気温が上がり始める季節でもあり、ベルガモットの涼やかな香りが心地よく感じられます。 また、ベルガモットの清涼感あふれる香りは、暑い夏の日に特に適しています。ベルガモットの香りは、フレッシュでエネルギッシュな印象を与え、暑さによる疲労感を和らげる効果もあります。 また、ベルガモットの香水は、海辺やリゾート地での使用にもぴったりで、爽快感とともにリフレッシュした気分を楽しむことができます。 ベルガモットの香りが魅力!おすすめ香水5選をご紹介...

    ベルガモットの香水おすすめ5選をご紹介!香りの特徴や効果なども解説

    ベルガモットの香水は、その爽やかでフルーティーな香りが特徴的で、多くの人々に愛されています。 今回は、ベルガモットの香水の魅力を徹底解説し、その特徴や効果...

1 4

LINE友達に追加で10%OFFクーポンプレゼント!