なぜ香水には高い・安いの差があるのか?高級香水との違い

なぜ香水には高い・安いの差があるのか?高級香水との違い

多くの人が愛用している香水は、様々なブランドやメーカーで取り扱われています。種類が多すぎて迷う人も多いですが、そもそも、なぜ香水は価格に大きな開きが見られるのでしょうか。

こちらでは、香水の一般的な価格や金額の決め手となる高級香水との違い、香水を選ぶ時に気を付けておきたいポイントなどについてご紹介していきます。

香水の相場とは

一般的には量の割に高額な商品というイメージが高い香水ですが、どのような価格相場になっているのでしょうか。

もちろん、香水はブランドやラインによって平均価格が異なりますし、量が多いボトルを選べば高いと感じることも増えていきます。香水の販売量はブランドによって異なりますが、代表的な30ml、50ml、100mlで比較していきましょう。

一般的な価格相場では、30mlの香水ならば1,000~3,000円程度、高級香水であれば6,000円以上です。

そして、50mlの香水になると一般的な商品は2,000~7,000円、高級香水は10,000円以上となり、100mlでは一般的な香水が5,000~1万円、高級香水が1万5000円以上と考えておくとよいでしょう。

ここから見てもわかるように、香水は量に比例して金額が高くなるわけではなく、量が多いほど1mlあたりの単価は割安になっています。

しかし、この中では一番少ない30mlの香水でも、毎日数プッシュする頻度で使い切るまでに約6ヵ月必要です。ちなみに、50mlの香水を同様のペースで使った場合は約11ヵ月、100mlならば約2年かかるといわれていますので、割安だからと大きいボトルを購入しても使いきれない可能性があります。

香水は、未開封のもので3年、開封済みのものは1年が使用期限の目安です。未開封の状態でも、少しずつ蒸発したり劣化したりしますので、1日あたりの使用頻度を考慮して購入するときのサイズを決めた方がよいでしょう。

香水の価格に差ができる理由

では、香水の価格はどのようにして決められるのでしょうか。高級香水と一般的な香水の価格差において決め手となる3つの要因について見ていきましょう。

一つ目は、香料の濃度である賦香率(ふこうりつ)の違いです。そもそも、香水は香料をアルコールに溶かして作られますが、低価格なアルコールの量が多いほど香料の濃度は薄くなり、価格が安くなる代わりに香りや持続力も弱まっていきます。

香水にはいくつか種類がありますが、これは賦香率の違いであり、その種類によっておおよその価格帯が分かれています。

最も高価なパルファムは香料の割合、つまり賦香率も高くなっており、次いでオーデパルファム、オーデトワレ、オーデコロンの順に賦香率が低くなっているということです。

ただし、ハイブランドの商品や他の要因でコストが高い商品の場合、オーデコロンでも賦香率の高い商品と変わらない金額になることも珍しくありません。

なお、パルファムは香料の濃度が濃いため、肌への刺激が強すぎたり、服にシミがついてしまったりすることがあり、近年では使い勝手の良いオーデパルファム以下の商品が大半を占めています。

次に考えられるのが、香料の品質です。賦香率が価格に反映されるように、香水の価格は香料が大きな影響を与えています。

香料が希少価値の高いものであれば、原材料のコストが高額になることから、香水の金額も高くなりがちです。香料のグレードは、めったに入手できないものや自然由来で量産ができないものであるほど、高くなります。

もちろん、香料だけでなく、他の原料にもこだわって高品質なものや希少性の高いものを組み合わせることがあります。その場合も、香水の価格は高くなっていくでしょう。

最後に、香りのオリジナル性も価格に反映されます。賦香率や原料のコストももちろん重要ですが、最終的に香水の金額を決めるのが、このオリジナル性といっても過言ではありません。

高級ブランドが香水を作るときには、その香りをブランドイメージとして広めなければならないため、特に神経を使うプロジェクトです。

香水はつけた直後のトップノート、時間が経過した時のミドルノート、さらに時間をあけて漂ってくるラストノートと徐々にその香りを変えていきます。

その変化それぞれにブランドイメージとしての香りを生み出さなければなりませんので、開発費が相当かかることは想像に難くありません。実績豊富な調香師を雇い、オリジナリティがありながら模倣が難しい香水を作り出しています。

香水を選ぶ時のポイント

このように、価格だけで見たときに香水の原料や賦香率、香りの特徴など様々な要因が関係してきますが、自分で香水を選ぶ時には価格以外にもポイントを押さえて選んでいかなければなりません。

特に高級香水を購入するときは、金額が高いので失敗しないように選びたいものです。以下に、香水を選ぶ時にはどのような点に気を付けて比較すればよいのか、考えていきましょう。

まず気をつけたいのが、購入する香水の量です。普段から頻繁に香水を使う場合には、割安になる50mlや100mlを購入するのもよいでしょう。

しかし、30mlでも6ヵ月もちますので、劣化することを考慮すると、1日1回程度しか使わない人、複数の香水をTPOによって使い分けている人などは、小さめのサイズを買う方が捨てずに使いきれる可能性もあります。

テスターがない場合には、ごく少量で販売されているミニサイズのボトルで試してみるのもよいでしょう。

また、初めて挑戦する香水を購入するときには、店頭で香りを楽しめるのならばまずテスターで自分好みの香りかどうかを確認しましょう。

香水の香りは種類が非常に豊富で、同じフローラル系やフルーティ系でも、商品によって好みが分かれます。実際につけてみて、トップノートからラストノートまでそれぞれの香りを確かめて、長く使えそうだと判断した時に購入するのがおすすめです。

特に、高級香水は購入したものの、好みではなかった場合や使いきれない場合は、捨てなければならなくなります。

高級香水はパルファムやオーデパルファムのように香りが強いものが多いため、使用する頻度もそれほど高くはありません。そして、長時間その香りを纏うことになりますので、自分が心地よいと感じられる香りを探す必要があります。

原材料については、高級香水はこだわったものばかりを選んで作られているので、それほど気にする必要はありません。

しかし、プチプライスの香水を購入するときには、人工の香料ではなく、天然の精油を使っているものを選ぶようにしましょう。天然の精油は高級香水にも使われることが多く、人工香料のような薬品臭がなく、ナチュラルな香りを楽しめます。

購入するときには、香りの好みだけでなく、TPOをわきまえたものであるかも重要です。仕事や学校で使うときには、周囲にその香りを好まない人がいる可能性も考えられますので、控えめな香りで賦香率が低いものを選ぶとよいでしょう。

逆に、プライベートではリラックスしたいとき、体臭をごまかしたいとき、女性らしさや清潔感など、自分のイメージを変えたいときなどで適切な香水を選び、使い分けるのがおすすめです。

香水は自分に合うものを選ぶのがおすすめ

このように、香水は高いものも安いものもありますが、値段が高ければ必ずしも自分が満足できるような香りであるとは限りません。

また、TPOに合わせたり、気分転換に複数の香水を選んだりすることもあるでしょう。自分で香水を選ぶ時には、香水の価格を判断基準にするのではなく、自分がいいと思うものを選ぶようにしましょう。

ブログに戻る

LINE友達に追加で10%OFFクーポンプレゼント!

  • 香水つけてないのにいい匂い!いい香りを纏う男になるための5つの方法

    香水つけてないのにいい匂い!いい香りを纏う男になるための5つの方法

    香水は、男性の身だしなみとして欠かせないアイテムのひとつです。しかし、香水の匂いが苦手な人や、香水の匂いが強すぎると周囲に迷惑をかけてしまうという人もいます。 そこで、今回は香水をつけなくてもいい匂いを漂わせる、5つの方法をご紹介します。 また、自然でいい匂いがすると評判の香水も合わせてお伝えしますので、体臭と混ざっても違和感のない、ナチュラルな香りをお探しの方はぜひ参考にしてください。   「いい匂いがする男」になるメリット 香水をつけていないのにいい匂いがする男性には、多くのメリットがあります。 香水を使わずに魅力的ないい匂いを放つことは、男性にとって魅力の源です。香水がなくても、周りから「いい匂いがする」と言われる男性は、清潔感があり、心地よい印象を与えます。 反対に、汗や体臭が気になると、だらしなく見えたり、不快感を与えたりしてしまうでしょう。 いい匂いは、コミュニケーションを円滑にする効果も。たとえば、いい匂いがする相手に対しては親近感や好感を抱きやすいという心理が働き、会話も弾みやすくなるのです。 これは単純なコミュニケーションに限らず、恋愛においても有効な効果を発揮します。 女性は、いい匂いのする男性に好感を抱きやすい傾向があるため、いい匂いがすると好意を持たれやすくなるでしょう。 いい匂いがすると、自分自身に自信が持てるようになり、積極的に行動できるようになるという効果も。 以下のような場面で、いい匂いがする男性は好印象を与えることができます。 ・仕事や学校、プライベートで人と会うとき ・合コンやデートなどの出会いの場 ・面接やプレゼンなどのビジネスシーン いい匂いがする男性は、周囲の人に好印象を与え、自分自身にも自信が持てるようになるでしょう。 ですが、香水をつけていないのに、いい匂いがするのは言った何故なのでしょうか。次の項目でその要因について解説します。 香水つけてないのにいい匂いがするのはなぜ? 香水をつけないのにいい匂いがするのは、以下のような要因が考えられます。 ・遺伝的要因 ・健康状態と生活習慣 ・香りのあるボディケア製品の効果 ・生活環境の影響 ここから、それぞれの要因について解説いたします。 遺伝的要因 体臭の程度は、体質や遺伝的な要因によっても異なります。体臭が少ない人は、香水をつけなくてもいい匂いがする傾向があります。 また、人にはそれぞれ固有の体臭があり、その成分は遺伝的要因に大きく影響されます。一部の人は自然に心地よい体臭を持っており、これが「いい匂い」として感じ取られることがあるのです。 体質によっては、天然の体臭が心地よい香りになる人もいるでしょう。汗をかきやすい体質の人や、脂性肌の人は、特定の人から「いい匂いがする体臭」と思われやすい傾向があります。 余談として、女性は、男性の体臭から遺伝子の相性を判断するとされています。そのため、遺伝子が相性の良い男性の体臭は、女性にとって「いい匂い」に感じられると考えられています。...

    香水つけてないのにいい匂い!いい香りを纏う男になるための5つの方法

    香水は、男性の身だしなみとして欠かせないアイテムのひとつです。しかし、香水の匂いが苦手な人や、香水の匂いが強すぎると周囲に迷惑をかけてしまうという人もいま...

  • 爽やかで清潔感のある香りで好印象!レモン香水の魅力とおすすめ5選

    爽やかで清潔感のある香りで好印象!レモン香水の魅力とおすすめ5選

    爽やかで清潔感のある香りと言えば、レモンの香りを思い浮かべる人は多いでしょう。レモン香水は、その魅力的な香りで多くの人々に好まれています。 レモンは、その明るくフレッシュな香りで知られ、日常的なシーンから特別なイベントまでどんなシーンにもマッチするため、一年中楽しむことができます。 また、レモン香水は、その清潔感あふれる香りで、周囲に好印象を与えるのに役立ちます。 今回は、そんなレモン香水の中から特に優れた5つの製品をピックアップし、それぞれの香りの特徴、使用するシーンをご紹介。 この記事を通して、あなたにぴったりのレモン香水を見つけ、清潔感と爽やかさを身にまとう方法を探してみてください。   レモン香水の特徴と魅力について レモンの香りは、シトラス系の中でも特に爽やかさを感じさせる香りです。その自然な鮮やかさは、気分をリフレッシュさせ、心を穏やかにしてくれる効果があるでしょう。 また、レモンの香りは、清潔感と洗練された印象を与えるため、ビジネスシーンやカジュアルな日常使いにもぴったりです。レモン香水のもう一つの魅力は、多様性にあります。 レモンの香りをベースにしながらも、さまざまな追加ノートによって独自の個性を持った香水が多数存在します。 レモン香水の最大の特徴と魅力をまとめると、以下の3つに大分されます。 ・爽やかで清潔感のある香り ・気分をリフレッシュさせる効果 ・シーンを選ばずに使える ここから、それぞれ詳しく解説いたします。 爽やかで清潔感のある香り レモン香水の爽やかで清潔感のある香りは、レモンの香りの特徴である「シトラスノート」によって生み出されます。シトラスノートとは、柑橘系の果実の香りのことで、レモンのほかに、オレンジやグレープフルーツ、ライムなどの香りがあります。 レモン香水は、このシトラスノートの特徴を活かして、爽やかで清潔感のある香りに仕上げられています。 具体的には、レモンの香りのトップノートでは、レモンの爽やかな香りが最初に広がります。ミドルノートでは、レモンの酸味や甘みが感じられます。ベースノートでは、レモンの落ち着いた香りが残ります。 トップノートの爽やかな香りは、第一印象を良くするのに効果的です。ミドルノートの酸味や甘みは、レモンの香りをより魅力的に感じさせます。ベースノートの落ち着いた香りは、長時間持続する香りを楽しむことができます。 このように、レモン香水は、爽やかで清潔感のある香りによって、好印象を与えることができます。 気分をリフレッシュさせる効果 レモン香水には、気分をリフレッシュさせる効果があります。 これは、レモンの香りに含まれる「リモネン」という成分によるものです。リモネンは、柑橘系の果実に多く含まれる香気成分で、気分をリフレッシュさせる効果があるとされています。 具体的には、リモネンは、以下の効果があるとされています。 ・覚醒作用 ・集中力向上 ・ストレス軽減 ・リラックス効果 これらの効果によって、レモン香水を嗅ぐことで、気分がリフレッシュされ、仕事や勉強などの集中力を高め、ストレスを軽減し、リラックス効果を得ることができます。...

    爽やかで清潔感のある香りで好印象!レモン香水の魅力とおすすめ5選

    爽やかで清潔感のある香りと言えば、レモンの香りを思い浮かべる人は多いでしょう。レモン香水は、その魅力的な香りで多くの人々に好まれています。 レモンは、その...

  • ウッディ香水の魅力とは?シーン別おすすめ5選

    ウッディ香水の魅力とは?シーン別おすすめ5選

    ウッディ香水は、その深みと洗練された香りで、多くのフレグランス愛好家から高い評価を受けています。 また木の香りを主成分としたウッディ香水は、男性から女性まで幅広い層に人気です。ウッディ香水には、落ち着きや清潔感、上品さや高級感を与える効果があるとされており、さまざまなシーンで活用されています。 ウッディ香水は性別を問わず使用でき、その香りは洗練された大人のイメージを演出するのに最適です。 今回は、そんなウッディ香水の魅力や選び方、シーン別おすすめ5選をご紹介いたします。 h2:ウッディ香水とは? ウッディとは、木や樹皮、苔などの自然な木の要素を基調とした香りのカテゴリーを指します。この種類の香水は、温かみのある深み、地に足がついた安定感、そして自然からのインスピレーションを感じさせる特徴があります。 ウッディ香水は、洗練された大人の雰囲気を演出し、男女問わず人気が高いです。 以下に、ウッディ香水の特徴と代表的な香料を詳しく解説します。 ・シダーウッド(杉) シダーウッドは、針葉樹の一種であるヒノキ科の木から抽出される香料です。ウッディな香りの代表格であり、落ち着きや清潔感を与える効果があります。 ・サンダルウッド(白檀) サンダルウッドは、常緑樹の一種であるサンダルウッド科の木から抽出される香料です。ウッディな香りと甘い香りが調和した、上品で落ち着いた香りが特徴です。 ・パチョリ パチョリは、熱帯地方に生息するキク科の植物から抽出される香料です。ウッディな香りとスパイシーな香りが調和した、深みのある香りが特徴です。 ・ウード ウードは、東南アジア原産のアカシア属の木から抽出される香料です。ウッディな香りとスパイシーな香りが調和した、力強くセクシーな香りが特徴です。 ・オークモス: 苔から抽出される香料で、湿った森林のような香りがします。地面を感じさせるアースの香りは、ウッディ香水に自然な深みをもたらします。 ・アガーウッド(沈香): アジア原産の希少な木から抽出される香料で、リッチで複雑な香りが特徴です。高級感あふれる香りは、ラグジュアリーなウッディ香水によく使用されます。 これらの香料は、単独で使われることもあれば、組み合わせて使われることも多いです。 ウッディ香水の魅力を解説 ウッディ香水の魅力は、豊かで深みのある香りです。これは、木の持つ自然で落ち着いた雰囲気を反映しています。 ウッディ香水の魅力は、以下の2つが挙げられます。 ・落ち着きや上品さを与える香り ・幅広いシーンで活躍 ここから、それぞれの魅力について詳しくご紹介いたします。 落ち着きや上品さを与える香り ウッディな香りは、森林や大地を思わせる自然の香りです。そのため、心を落ち着かせ、リラックスさせてくれる効果があるとされています。また、清潔感や爽やかさを与える効果もあるため、ビジネスシーンにもおすすめです。 くわえてウッディな香りは、深みと重厚感があるため、上品さや高級感を演出するのにも効果的です。さらに、木の香りには、心を落ち着かせる効果があります。...

    ウッディ香水の魅力とは?シーン別おすすめ5選

    ウッディ香水は、その深みと洗練された香りで、多くのフレグランス愛好家から高い評価を受けています。 また木の香りを主成分としたウッディ香水は、男性から女性ま...

  • 【白檀の香り】上品で神秘的な香りの魅力とおすすめ香水をご紹介

    【白檀の香り】上品で神秘的な香りの魅力とおすすめ香水をご紹介

    白檀とは、インドや東南アジア原産の常緑樹の心材から採れる香木のこと。古くから神聖な木として崇められてきた歴史があり、仏教やヒンドゥー教の儀式にも用いられてきました。白檀の香りは、ウッディで甘い、上品な香りが特徴です。 今回は、そんな白檀の香りの特徴や魅力を解説。また、白檀の香りの香水の選び方やおすすめの香水なども合わせてご紹介します。   白檀の香りの特徴と魅力を解説 冒頭でもお伝えした通り、白檀はインドや東南アジア原産の常緑樹の一種で、その心材から採れる香木です。 白檀のウッディな香りには、落ち着きや安定感を与える効果があるともいわれているのです。また、甘い香りには、優しさや幸福感を与える効果があるとされています。 白檀は、古代から神聖な木として崇められてきました。その理由は、その香りの持つ神秘的な魅力にあります。白檀の香りは、森の中にいるような、自然の癒しの力を感じさせるような、神秘的な雰囲気を演出してくれます。 さらに、白檀の香りには、リラックス効果や安眠効果があるとも言われており、脳をリラックスさせる効果や、睡眠ホルモンの分泌を促す効果もあると言われているのです。 この項目では、白檀の香りの特徴と魅力におけるポイントを詳しく解説します。また、白檀とサンダルウッドの違いについてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。 ウッディで甘い上品な香り 白檀の香りは、ウッディで甘い上品な香りが特徴。白檀の香りを具体的に表現すると、以下のような香りが当てはまります。 ・ウッディ:森、木、樹脂、スパイス ・甘い:ムスク、バニラ、アンバー 白檀の香りは、ウッディな香りがベースとなっています。ウッディな香りには、落ち着きや安定感を与える効果があるとされています。 また、白檀の甘い香りは、サリチルアルコールという成分によって生み出されます。サリチルアルコールは、バニラやチョコレートなどの甘い香りを持つ香料として広く使われています。 この甘い香りには、優しさや幸福感を与える効果があるとされています。 また、白檀の香りの主成分は、サンタロールです。サンタロールは、化学合成できない天然の成分であり、白檀特有の香りを生み出しています。 白檀の香りは、さまざまなシーンで活躍する香りです。ビジネスシーンでは、落ち着いた雰囲気を演出するのに役立ちます。 また、デートやパーティーなど、特別なシーンでは、上品な魅力を引き出すのにおすすめの香りといえるでしょう。 古代から神聖な木としての白檀 白檀は、その希少性と高貴な香りから、古代から神聖な木として崇められてきました。仏教やヒンドゥー教の儀式では、白檀の香木が焚かれ、神々への捧げ物として使われてきました。また、白檀の精油は、仏像や寺院の装飾にも用いられています。 仏教では、白檀の香りは、煩悩を払い、心を清めるのに役立つとされているのです。また、ヒンドゥー教では、白檀の香りは、神々の降臨を促す効果があるとされています。 このように、白檀の香りは、古代から人々を魅了してきた、神秘的な香りなのです。白檀の香りは、どこか懐かしいような、神秘的な香りです。ゆったりとしたリラックス感や、高級感を演出したいときにおすすめです。 リラックス効果や安眠効果について 白檀の香りには、脳をリラックスさせる効果があるとされています。また、睡眠ホルモンの分泌を促す効果があるとも言われています。 白檀の香りに含まれる「リナロール」という成分には、脳の興奮を抑制する効果があるとされています。また、白檀の香りを嗅ぐと、心拍数や血圧が低下するなどの変化がみられることから、リラックス効果が期待できるでしょう。 また、白檀の香りに含まれる「メラトニン」という成分には、睡眠ホルモンの分泌を促す効果があるとされています。白檀の香りを嗅ぐと、α波(リラックスした状態に表れる脳波)の量が増加するなどの変化がみられることから、安眠効果があるとされているためです。 白檀の香水を直接嗅ぐことで、リラックス効果や安眠効果をより強く実感することができます。また、白檀の精油をアロマディフューザーで拡散するのもおすすめです。 さらに、白檀の香りが漂う空間で過ごすことで、リラックス効果や安眠効果をより持続的に得ることができます。 例えば、白檀のお香は、神聖な香りとして、古くから使われてきました。お部屋に焚いて、リラックスしたり、リフレッシュしたりするのにおすすめ。...

    【白檀の香り】上品で神秘的な香りの魅力とおすすめ香水をご紹介

    白檀とは、インドや東南アジア原産の常緑樹の心材から採れる香木のこと。古くから神聖な木として崇められてきた歴史があり、仏教やヒンドゥー教の儀式にも用いられて...

1 4
彼氏におすすめの香水
彼女におすすめの香水