香水をふんわり香らせる方法は?正しい付け方と注意点について

香水をふんわり香らせる方法は?正しい付け方と注意点について

香水は、付ける人の魅力を際立てたり、個性を主張することができる重要なアイテムのひとつ。さらには、気持ちを高めたりリラックスさせたりと、香水の効果は多岐に渡ります。ただし選び方や付け方を間違えると、周囲に迷惑をかけてしまう可能性も。自分だけでなく、周囲にとっても心地よく香水を使いたいところですよね。

そこでこの記事では、香水の正しい付け方、香水に関するエチケットまで詳しくご紹介しています。香水を身に付ける際は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

香水の種類と香りの持続時間について

まず初めに、香水の種類についてご紹介していきます。香水は大きく分けると4種類に分けられます。香料の濃度によって分類され、濃度が高くなるほど香りの持続時間は長くなります。香水を選ぶ際は、香りの持続時間の違いを覚えておくと良いでしょう。

オーデコロン

香りの持続時間:1~2時間程度

香料の割合:3~5%

オーデコロンは香水の中で最も香料の濃度が低く、持続時間が短い種類になります。入浴後や就寝前に使ってリラックスしたいという方や、ほのかに香らせたいという方におすすめです。オーデコロンの「オーデ」は、フランス語で「水の」という意味を指します。

オードトワレ

香りの持続時間:2~4時間程度
香料の割合:5~10%

軽やかな香りと程よい持続時間のオードトワレは、香水初心者さんにも使いやすく人気のタイプです。1日中香りを楽しみたい方は、アトマイザーに小分けにして持ち歩き、匂いが薄くなってきたタイミングで重ね付けをすると良いでしょう。

オードパルファン

香りの持続時間:3~5時間程度
香料の割合:10~15%

強めの香りを好む方や、重ね付けをせずに1日中香りを楽しみたいという方にはオードパルファンがおすすめです。ただし香りが強い分、シーンや付ける量には注意が必要です。

パルファン

香りの持続時間:5〜7時間程度
香料の割合:15~30%

パルファンは最も香料の濃度の高い種類になります。わずかな量でも長時間、濃厚な香りが楽しめます。ただし日本ではあまりメジャーではなく、取り扱いのあるお店も限られています。



香水の香りの変化について

同じ香水でも、付けてから時間が経つにつれてその香りは徐々に変化していきます。付けてすぐは強く感じた香りが、徐々に馴染んできたように感じるのはこのためです。香水の香りは主に3段階に変化し、それぞれトップノート、ミドルノート、ラストノートと呼ばれています。

トップノート

付け始め〜30分くらいの香りをトップノートと呼びます。揮発性が高く、まだ香水に含まれるアルコールが飛んでいないため、香りを強く感じる傾向にあります。フルーツやハーブなどの香りが主流です。

ミドルノート

トップノートのあとに1〜2時間続く香りをミドルノートと呼びます。最も香りのバランスが良く、香水の主役の香りと言えます。

ラストノート

香水を付けてから2~3時間後に現れる香りをラストノートと呼びます。ほのかに香り、ムスクやバニラ系などの深みのある香りが主流です。

正しい香水の付け方について

次に、適量や身体のどこに付けると良いのかなど、香水の正しい付け方について詳しくご紹介していきます。

基本は身体から20~30センチ離して1プッシュ

香水の付け方の基本は、身体から20~30センチ離して1プッシュと覚えておきましょう。香りの控えめなオーデコロンであれば、様子をみながら2〜3プッシュしても良いでしょう。

前述の通り、香水は香料の濃度によって香りの持続時間が異なります。量をたくさん付けたからと言って香りの持続時間が長くなるわけではありません。過度な香りは周囲の迷惑になりかねないので注意が必要です。自分にとっては慣れ親しんだ香りであっても、周囲の人には予想以上に強く感じるものです。少し「物足りない」と感じるくらいの量を意識しましょう。

また、特に海外製の香水の場合、1プッシュあたりの噴射量が多めに作られているものもあります。噴出量が多いと感じる時は、スプレーの押し方を控えめにしたり、空中に一拭きさせてその中に身体をくぐらせるなどの工夫をしてみましょう。どうしても量の調節が難しい場合は、ロールオンタイプのアトマイザーに詰め替えて使用するという方法もあります。

また、もっとさりげなく香らせたい場合は、まず香水をコットンやハンカチに吹き付けてから肌に乗せるという方法もあります。香りが強いパルファンなどの香水を使う際にもおすすめです。

強く香らせたい時は上半身、ほんのり香らせたい時は下半身に

香水は、体温が高くなる場所に付けるほど香りが広がりやすいと言われています。香水を付ける場所は、どのように香らせたいかによって選びましょう。 香水を強く香らせたい時は上半身に付けるのがおすすめです。
具体的には、首筋、手首、ひじの内側などです。首筋につける際は、顔に香水がかかるのを防ぐために、手首などに付けてから軽く叩くようにすると良いでしょう。また、手首に香水を付ける際に、両手首をごしごしと擦り合わせるのは避けましょう。摩擦熱によって、せっかくの香りが変わってしまう可能性があります。どちらかの手首に少量ふりかけた後、もう片方の手首で軽く叩くようにして馴染ませましょう。 また、ほんのり香らせたいときは下半身に付けるのがおすすめです。具体的には、膝の裏や足首などです。下半身に香水を付けることによって、下から上に上がっていく香りの性質を利用しほんのりと香らせます。程よく香らせたい場合は、腰回りに付けるのも良いでしょう。

香水は出かける30分前に付けるのがベスト

香水を付けるタイミングは、出かける30分前くらいがおすすめです。香りの強いトップノートを過ぎ、最もバランスの良いミドルノートが香り始めるくらいを目安にしましょう。

香りが薄れ、外で香水を重ね付けする際は、人混みや車内、エレベーターなどの狭い空間は避けるようにしましょう。化粧直しなどの際に、さっと付け直すのがスマートです。


香水を付ける際の注意点

素敵な香りの香水は、付ける人の魅力を引き立てたり癒しにもなるアイテムですが、一歩付け方を間違えると、周囲の迷惑となる危険性もあります。ここでは、香水を付ける際の注意点やエチケットについて解説していきます。

TPOに合わせた香りを選ぶ。特に食事やビジネスシーンは要注意!

香水を付ける際は、適切な量を守ることや付ける場所も大切ですが、シーンや場所に合わせた香り選びも重要です。オーデコロン、オードトワレなど、それぞれの香りの持続性や濃度の使い分けもできるとベストです。

自宅や気のおけない場所で過ごす場合は、自分の好みの香りを選んで問題ありませんが、最も気をつけたいのが食事のシーンです。どんなに良い香りでも料理の邪魔をしてしまう可能性があるため、食事の予定がある際は直前に香水を付けないように注意しましょう。どうしてもという場合は、オーデコロンなどをごく控えめに付けるようにしましょう。

また、ビジネスシーンやフォーマルシーンにおいても、あまりに強い香りはマナー違反ととらえられてしまうことがあります。どうしてもという場合は、食事シーンと同様にごく控えめに付けるようにしましょう。ビジネスシーンであれば、シトラス系や石鹸などの爽やかな香り、結婚式やお祝いパーティーなどの場では、フローラル系の華やかな香りがおすすめです。


(2)香水を消臭剤として使用しない

香水には消臭効果はありません。汗のにおいなど、不快なにおいを抑える目的で使用するのはやめましょう。他のにおいと混ざることによって香水のにおいが変わり、さらに不快なにおいを発生させてしまう可能性があります。香水は清潔な肌に使うためのものです。汗のにおいや体臭が気になる場合は、制汗剤などを適切に利用しましょう。


(3)香水を付ける際に避けた方が良い場所について

前述の通り、香水の香りは汗のにおいと混ざると不快なにおいに変わってしまう可能性があります。そのため、デコルテ、脇、足の裏などの「汗のかきやすい場所」は避けて付けるようにしましょう。特に暑い季節には注意が必要です。

また、香水にはアルコールが含まれているため、髪の毛に付着するとダメージの原因となります。また、目、唇などのデリケートな粘膜部分にも付着しないように注意しましょう。


(4)香水は服に付けないようにする

香水は肌に直接付けて楽しむためのものです。肌が弱いなどの理由で、服に香水をふりかけるという方もいるかも知れませんが、素材によってはシミや変色の原因となるためおすすめできません。特にシルクなどの繊細な素材は注意が必要です。服に香りをつけたい場合は、服専用のフレグランスや、柔軟剤などで取り入れるようにしましょう。また、変色の気にならないハンカチなどに香水をふりかけ、ポケットなどに入れておいても良いでしょう。


(5)香水を付けすぎてしまった時の対処方法について

香水を付け過ぎてしまった場合や、香りが強いと感じる際は、香水を付けた部分をすぐに洗い流すようにしましょう。また、洗い流すのが難しい場合は、ウエットティッシュなどで拭き取るようにしましょう。アルコール入りのものであればより香りを抑えることができます。

まとめ

一口に香水と言っても、香りの持続性や特徴などその種類は様々。使い方次第でより素敵な人にも、迷惑な人にもなってしまうアイテムと言えます。香水の付け方の基本は、身体から20~30センチ離して1プッシュです。

香水を効果的に使うために、付け過ぎは避け、それぞれの特性を理解した上でシーンや場所に合わせた香水選びが重要です。また時には香水を付けない選択をするなど、自分も周囲も心地良く過ごせるように上手に香水を使い分けていきましょう。
ブログに戻る
  • 6月におすすめ香水5選をご紹介

    6月におすすめ香水5選をご紹介

    6月は梅雨の時期で、じめじめとした暑さに加えて、紫外線も強くなり、気分も落ちがちです。そんな季節におすすめしたいのが、爽やかで軽やかな香りや、リラックスできる香りの香水です。 この記事では、6月にぴったりな香水5選をご紹介します。どれも6月のじめじめを吹き飛ばしてくれるような、爽やかで軽やかな香りばかり。ぜひお気に入りの1本を見つけて、梅雨の季節を楽しくお過ごしください。 6月におすすめの香水は? 6月は湿気が高く、気温も上昇し始める季節。心地よく過ごすためには、選ぶ香水も重要なポイントになります。そんな6月におすすめなのが、軽やかで爽やかな香りの香水たち。 今回ご紹介するのは、ジルスチュアートの「ホワイトフローラル」、ディオールの「ソバージュ オーデトワレ」、ゲランの「ムスクウートルブラン オードパルファム」、エルメスの「地中海の庭」、ブルガリの「オムニア アメジスト オードトワレ」の5つの香水です。 ここから、それぞれの香水について詳しくお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。 1.ジルスチュアート ホワイトフローラル ホワイトフローラルは、清楚で可憐なホワイトフローラルの香りに、シトラスやムスクが加わった、ジルスチュアートらしいフェミニンな香水です。雨上がりのような爽やかさと、ふんわりとした優しさを兼ね備えた香りは、梅雨のじめじめを吹き飛ばしてくれるでしょう。 甘すぎず、きつすぎない香りなので、どんなシーンにも使いやすいのが特徴。オフィスや学校、デートなど、様々なシーンで活用できます。 ジルスチュアート ホワイトフローラルの香水はこちら 2.ディオール ソバージュ オーデトワレ ソバージュ オーデトワレは、マンダリンやベルガモットの爽やかさに、ピンクペッパーやナツメグといったスパイシーなアクセントを加えた、ディオールの香水です。 爽やかなベルガモットとほろ苦いトンカビーンにくわえ、アンバーウッドのウッディな香りが、洗練された力強さを演出します。フレッシュでありながらも、深みのある香りが、湿気や気温の高さにも負けず、長時間にわたって爽快感を保つことができます。 ディオール ソバージュ オーデトワレの香水はこちら 3.ゲラン ムスクウートルブラン オードパルファム ムスクウートルブランは、清潔感のあるムスクと、上品なホワイトフローラルの香りが調和した、ゲランのロングセラー香水です。雨の多い梅雨時にも心を落ち着かせ、ほのかな甘さとともに清潔感を漂わせます。 ふんわりと優しい香りは、リラックスしたい時におすすめ。この上品で落ち着いた香りは、蒸し暑い日にも適しており、どんなシチュエーションでも穏やかな印象を与えてくれるでしょう。 ゲラン ムスクウートルブラン オードパルファムの香水はこちら...

    6月におすすめ香水5選をご紹介

    6月は梅雨の時期で、じめじめとした暑さに加えて、紫外線も強くなり、気分も落ちがちです。そんな季節におすすめしたいのが、爽やかで軽やかな香りや、リラックスで...

  • 5月におすすめ香水5選をご紹介

    5月におすすめ香水5選をご紹介

    5月は、陽光が心地よく降り注ぎ、街中が花々に彩られる季節。そんな陽気な季節にぴったりなのが、軽やかで幸せな香りの香水です。 今回は、5月に纏いたいおすすめの香水5選をご紹介します。グリーンやフローラル、さらにシトラス、そしてユニークな香りまで、あなたの気分に寄り添う香りを見つけて、春の陽だまりを存分に楽しみましょう。 5月におすすめの香水は? 5月におすすめの香水は、清潔感溢れるシトラスが香る「イソップ タシット オードパルファム」、初夏にぴったりのグリーンフローラルな香りが特徴の「シロ パフューム イントロダクション」、春の花市場を彷彿とさせる「レプリカ オードトワレ フラワー マーケット」、甘酸っぱいベリーが爽やかに香る「ジョーマローンブラックベリー&ベイ コロン」、そして透明感があり華やかな香りの「ティファニー シアー オードトワレ」。 それぞれが持つ独特の魅力で、あなたの日常に新鮮な彩りを加えてくれることでしょう。ここから各香水の詳細をご紹介しますので、お好みの香水を見つける参考にしてください。 1.イソップ タシット オードパルファム タシット オードパルファムは、シトラスとウッディの香りが調和した、爽やかで落ち着きのある香りの香水です。 柑橘系の果実の皮を彷彿とさせる苦みと、深みのあるベチバー、グローブが絶妙なバランスで調合されており、フレッシュでありながらも、落ち着きを感じさせる洗練された香りは、春の終わりから初夏にかけての移行期に特にマッチし、日々の気分を高めてくれます。 イソップ タシット オードパルファムの香水はこちら 2.シロ パフューム イントロダクション イントロダクションは、まるで初夏の朝日のようなやわらかであたたかな朝をイメージした、グリーンフローラルな香りが印象的な香水です。 水は使わず、北海道のエゾヨモギの蒸留水を配合して作られたユニークな香水で、カルダモンやグリーン、ジャスミンやオーキッド、ウォーターリリーにくわえ、カシミヤ、パチュリが織りなす、ナチュラルで落ち着いた香りが特徴です。 シロ...

    5月におすすめ香水5選をご紹介

    5月は、陽光が心地よく降り注ぎ、街中が花々に彩られる季節。そんな陽気な季節にぴったりなのが、軽やかで幸せな香りの香水です。 今回は、5月に纏いたいおすすめ...

  • 香水はどれくらいの期間もつ?容量別に使用回数と日数の目安を解説

    香水はどれくらいの期間もつ?容量別に使用回数と日数の目安を解説

    香水は容量にくわえ、使用回数や種類によってが大きく変わってきます。一般的には、容量が多いほど香りの持続期間が長くなり、使用回数が多くなるのです。 例えば、30mlの香水であれば、約100回使用することができ、100mlの香水であれば約300回使用することができるとされています。もちろん、これはあくまでも目安であり、保管方法や使用頻度によって大きく変わってくるでしょう。 今回は、香水がどれくらいの期間持つのか、容量別に使用回数と日数の目安を解説します。 お試し香水はどれくらいの期間もつもの? お試し香水は、本命の香水を購入する前に試してみるのに最適なアイテムです。しかし、お試し香水は容量が少ないため、どのくらい持つのだろうか?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 実は、お試し香水の寿命は、香水の種類や使用方法によって大きく変わってくるのです。 この記事では、お試し香水がどれくらいの期間持つのか、容量や種類別で使用できる回数や日数の目安を、以下の項目で解説します。 香水の種類によって1度に適量のプッシュ数は異なる 香水には、オードトワレ、オードパルファム、パルファムなど、種類によって香りの濃度が異なります。香水の濃度によって、1度に使用するプッシュ数が変わってくるため、お試し香水の寿命も変わってくるのです。 ■オードトワレ 香水の濃度が最も薄く、1度に2~3プッシュが目安です。お試し香水であれば、10回程度使用できるでしょう。 ■オードパルファム オードトワレよりも香りの濃度が高く、1度に1~2プッシュが目安です。お試し香水であれば、15回程度使用できるでしょう。 ■パルファム 香水の濃度が最も高く、1度に1プッシュが目安です。お試し香水であれば、20回程度使用できるでしょう。 このように、香水の種類によって1度に使用するプッシュ数が異なるため、お試し香水の寿命も変わってくるのです。 香水の容量別に1回の使用量となくなる日数の目安をご紹介 この項目では、1mlから50mlまでの香水容量に応じた1回の使用量と、香水がなくなるまでの日数の目安をご紹介します。 お試し香水やミニボトル、フルボトルの容量やプッシュ数の目安について、ぜひ参考にしてください。 1ml の容量の香水 テスターやサンプルとしてよく見かける1mlは、約15回分の使用が可能です。1日2プッシュを目安に毎日使用した場合、約7日間持もちます。 5ml の容量の香水 トラベルサイズや小さなギフトに適した5mlは、約50回の使用ができます。1回2プッシュで毎日使った場合は、約25日間もつでしょう。 10ml の容量の香水 持ち運びに最適な10mlでは、約100回のプッシュが可能。1回2プッシュを毎日使用した場合、約50日で使い切ることができます。 15ml の容量の香水...

    香水はどれくらいの期間もつ?容量別に使用回数と日数の目安を解説

    香水は容量にくわえ、使用回数や種類によってが大きく変わってきます。一般的には、容量が多いほど香りの持続期間が長くなり、使用回数が多くなるのです。 例えば、...

  • ジャスミンの香水とは?特徴や利用シーンにくわえおすすめ商品5選をご紹介

    ジャスミンの香水とは?特徴や利用シーンにくわえおすすめ商品5選をご紹介

    ジャスミンの香水は、その華やかで甘美な香りが魅力です。エキゾチックな熱帯地方の植物であるジャスミンは、長い期間にわたって豊かな香りを放ちます。また、ジャスミンは花言葉で「愛らしさ」「高潔」「優美」などの意味を持ち、その香りも繊細で優雅な印象を与えるのが特徴です。 ジャスミンの香水は、女性だけでなく男性にも人気があり、シーンを選ばず使える万能な香水といえるでしょう。普段使いはもちろん、パーティーやデートなど特別なシーンにも活躍します。 今回は、ジャスミンの香水の特徴や利用シーン、おすすめ商品5選をご紹介。ジャスミンの香水に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。 ジャスミンの香水とは? ジャスミンの香水は、熱帯地方原産のジャスミンから抽出される香料を使用したもので、特に女性に人気のあるフレグランスです。 ジャスミンの花は、高貴で魅力的な香りを持ち、その香りは多くの人々を虜にしています。その甘く、濃厚な香りが特徴で、センシュアルでありながらどこか懐かしさを感じさせる独特のアロマがあります。 また、香りの中には微かな苦味やスパイシーなノートも感じられ、複雑で深みのある表情を見せてくれます。デートやパーティーなど、特別な日のアクセントとしても最適で、周囲を魅了するセダクティブな雰囲気を演出できます。 香りの特徴と効果について ジャスミンの香水は、その独特の香りで知られており、香りの特徴としては、まず甘美で芳醇なフローラルノートが挙げられます。 ジャスミンは夜に花を開き、強い香りを放つため、「夜の女王」とも称されることがあります。このため、ジャスミンの香水はロマンティックで神秘的な印象を与え、着用する人の魅力を一層引き立てます。 心理的な効果としては、ジャスミンにはリラックス効果があり、心を落ち着かせる作用が認められています。また、アロマセラピーではジャスミンは精神を安定させ、自信を高める効果があるとされており、ストレスが多い現代社会において、その香りに癒される人も多いでしょう。 また、ジャスミンの香りには女性のホルモンバランスを整える効果があるとされ、生理不順や更年期障害などの症状緩和にも役立つとされているのです。 ジャスミン香水の特徴には、主に「甘く、フローラルな香り」「スパイシーな香り」「爽やかな香り」といった3つが挙げられます。 特徴の詳細は、以下のとおりです。 ・甘く、フローラルな香り ジャスミンの香りは、甘く、フローラルな香りが特徴です。ジャスミンの花には、リナロールやゲラニオールなどの甘い香りの成分が含まれています。 ・スパイシーな香り ジャスミンの香りには、スパイシーな香りも感じられます。ジャスミンの花には、シナモンやクローブなどのスパイシーな香りの成分も含まれています。 ・爽やかな香り ジャスミンの香りには、爽やかな香りも感じられます。ジャスミンの花には、リモネンやシトラールなどの爽やかな香りの成分も含まれています。 次の項目では、ジャスミンの香水が具体的にどのようなシーンに相応しく、どのような季節におすすめなのかを解説します。 ジャスミンの香水はどんなシーンにマッチする? ジャスミンの香水はその独特の甘美でセンシュアルな香りから、特別な日やロマンチックなデートのシーンにぴったりです。 また、公式なパーティーや結婚式といった華やかな場にもマッチし、エレガントな印象を与えることができます。その豊かで深い香りは、周囲に上品な存在感を示すため、ビジネスシーンでの自信を高めるアクセントとしても使用されます。 ジャスミンの香水は、使用する人の内面の魅力を引き出し、積極的な自己表現を助けるため、様々な場面でその効果を発揮します。 ジャスミンの香水がおすすめの季節 ジャスミンの香水は、その華やかで甘い香りの特性から、特に春から夏にかけての季節におすすめです。 暖かくなる季節には、ジャスミンの明るくフレッシュな香りが、新しい始まりや活動的な日々にマッチし、ポジティブな気持ちを引き出してくれます。 また、秋の始まりにかけても、ジャスミンの少し重みのある香りが季節の変わり目のセンチメンタルな気分に寄り添い、心地よい癒しを提供します。 このように、ジャスミンの香水は年間を通じて様々なシーズンのムードに合わせて楽しむことができる万能なフレグランスです。...

    ジャスミンの香水とは?特徴や利用シーンにくわえおすすめ商品5選をご紹介

    ジャスミンの香水は、その華やかで甘美な香りが魅力です。エキゾチックな熱帯地方の植物であるジャスミンは、長い期間にわたって豊かな香りを放ちます。また、ジャス...

1 4

LINE友達に追加で10%OFFクーポンプレゼント!