香水はどうやって選ぶの?シチュエーションに合わせた香水の選び方を紹介

香水はどうやって選ぶの?シチュエーションに合わせた香水の選び方を紹介

「第一印象は出会って数秒で決まる」と言われているように、見た目はとても重要です。特に匂いはその人の雰囲気をあらわします。香水を身につけることで周りからどんな印象を持たれるか判断されるのです。

また、香水は自分自身の気持ちを高めてくれたり自信がつくアイテムの一つです。そこで今回は、香水の種類や選び方をシチュエーションごとに紹介します。

香水にはどんな種類があるの?

香水は、香料の濃度によって種類が決められていて、匂いの持続時間も変わります。一番強く匂いを感じるのは、パルファム(parfum)は、濃度が15~30%で、約7時間続きます。香りがとても強いため上級者向けです。

パーティーなど特別な日につけることが多いでしょう。オードパルファム(eau de parfum)は、濃度が10~15%で5時間ほどの持続時間があります。香りは強いですが、パルファムよりは使いやすいです。1プッシュでも匂いが広がりやすいため、香りを楽しみたい方におすすめです。

普段から香水をつけたい場合には、オードトワレ(eau de toilette)やオーデコロン(eau de cologne)があります。

オードトワレ-は、濃度が5~10%です。持続時間が3時間ほどで匂いもあまり強くはありませんが、ほんのりと良い匂いを身にまとえるので、気軽に使えます。デートやオフィスのときにもおすすめです。

一方でオーデコロンは、濃度3~5%の持続が1~2時間です。強い香りが好きな方には少し物足りないかもしれませんが、匂いがきつく人を不快にさせることがないため、誰でもどんなときでもつけやすいです。

香水で使われている匂いはたくさんの種類があります。代表的な香りは、フローラル系や柑橘系、フルーティ系などの香りです。

フローラル系には、ローズやジャスミンなど花の香料が入っていて華やかで甘い香りです。柑橘系は、レモンやグレープフルーツ、シトラスなどが多く使われています。

またフルーティ系には、ピーチやアップルなど甘くて爽やかな果物の匂いです。その他にもハーブや動物、スパイスなどの香りも楽しむことができます。

香水のタイプと選び方

 香水には様々な形があります。香水と聞いて一番に思い描くのがスプレータイプという方は多いのではないでしょうか。

スプレータイプは、プッシュするとミスト状に匂いが広がり、少量でも香りをまとえます。初めてだとつける量の調節が難しいですが、すぐ慣れて香りを楽しめるでしょう。

ちなみにミストと聞くと、ヘアミストやボディミストなどもありますが、使っている原料が異なり、香水として使うよりも保湿などの美容として使うのが一般的です。

スプレータイプの香水の他に人気なロールオンタイプは、容器の先端にボールがついていて、肌に直接つけて匂いを楽しみます。いつでも気軽に持ち運べるので、使いやすく初心者にもおすすめです。

また、オフィスやデート、学校帰りなどシーンも問いません。またロールオンタイプ以外で肌につける香水の種類には、練り香水があります。

練り香水は、固いクリーム状になっている香水です。匂いは強すぎずほんのりと香るので、学校やオフィスでも使いやすです。

初めて香水を選ぶときのポイント

初めての香水選びで一番重視するのは、好きな香りということです。匂いというのは、周りにいる相手への印象や好感にも繋がります。

しかし、身につけている本人が気に入った香りでないと、気分が悪くなったり香水に抵抗を感じるようになるでしょう。人への印象も大切ですが、まずは自分が好きな匂いを探して試してみましょう。

どんな匂いが好みかわからない方は、気軽につけられるフローラル系やフルーティ系、シトラス系などの王道の匂いから使ってみて自分似合うものを探すのも手です。

また、中には香水のブランドから探している方もいます。匂いよりもブランドの香水を集めることで、気分が上がったり自分の価値が上がったように感じ、自信にもなります。

インテリアとしても飾れるので、何個かお気に入りを探してみるのはいかがでしょうか。

香水は時間ごとに匂いが変化します。そのため、実際に香水を選ぶときはムエットなどにつけて匂いを嗅ぎ、好きな匂いか判断します。

その後約30分おいてからまた匂いを嗅いで確かめると、本当に好きな香りなのかを確かめることができます。また香水選びに慣れてきたら、気分に合わせて使うこともできます。

その日の気持ちや体と心の状態に合わせることで、リラックスしたり気持ちやモチベーションも高めてくれます。気合いを入れたいときやゆっくり落ち着きたい日など、香りは自分のコンディションを整えるためにも大切です。

実際に落ち込んだり気分が悪いときに香水選びに行くと新たな発見があるので、楽しめます。

デートで使える香水選び

デートで使う香水選びでは、相手の方が好みの香りをつけると好印象を与えます。しかし、好みが分からないときには、清潔感のある石鹸やフローラル系を選びましょう。

香りというのは記憶に残りやすく、相手からどう見られているか印象に繋がります。

そのため、相手に可愛らしく思われたい方は甘く華やかなフローラル系やムスク系やフレッシュな香りを、若々しく見られたい場合は柑橘系やフルーティな香り、また大人っぽく思われたい方は、ローズやジャスミンなど上品で華やか香りなど、理想としているタイプの香りを身につけるのもおすすめです。

ただし、強すぎる匂いは相手を不快にする可能性も考えられるので気をつけましょう。

デートでの香水は、場所によって変えると気遣いができて好印象です。映画館やカラオケなどの閉鎖的な場所は匂いが強すぎない石鹸やほのかに香るものを、テーマパークやショッピングでは清潔感や甘い香りなどシーンに合わせて使いましょう。

中にはディナーなどあまり強い香りに相応しくない場所もあるので、ふわっとほのかに香る匂いを選ぶのがおすすめです。

オフィスで使える香水選び

オフィス内で香水をつけるのは、好ましくないと感じる方もいます。しかし、香り方や種類によっては会社の方や取引先などにも好印象を与え、仕事がスムーズに捗る場合もあるかもしれません。

オフィスで身につける場合は、ほのかに香る程度の量を、また強すぎない匂いをつけることが大切です。石鹸の香りやハーブ系の爽やかな香りは、オフィス内の空気を華やかにしてくれるため、雰囲気が良くなるでしょう。

また、取引先との面談や会議がある時にも石鹸などの爽やかな香りは良い印象を与え覚えてもらいやすいです。

香りを身につけるは、自分自身の気持ちも変化させます。オンオフ切り替えたいとき、大事な会議がある時など香りを身につけることで、気持ちを入れ替えることができて、仕事量や成果にも繋がります。

気分を上げたいときやスイッチを入れたいときは柑橘系の香水があると気持ちを切り替えられるでしょう。また、大事な会議ではハーブやスパイスの香りがあるとすっきりとし堂々と自信を持って挑めるのではないでしょうか。

シチュエーションに合わせてお気に入りの香水をいくつか見つけてみよう

 香水はたくさんの種類があるので、そのときの気分やシチュエーションに合わせながら身につけられます。香りは、周りからどう見られるか左右される大切な外見の一つです。

また、自分の気分を上げたり落ち着かせたりすることができます。お気に入りの香りをいくつか選びながら、いつどんなときでも香りと楽しめるような香水を身につけてみてはいかがでしょうか。

【監修者:MELLフレングランス編集部】
この記事はMELLフレングランス編集部が監修しました。小分け香水に関して、今後もお役に立つ情報を提供してまいります。
ブログに戻る
  • 7月におすすめ香水5選をご紹介

    7月におすすめ香水5選をご紹介

    7月の暑い季節には、フレッシュで軽やかな香りがぴったりです。今回、7月におすすめの夏に映える香水をピックアップしました。フルーティからフローラル、シトラス系まで、さまざまな香りを楽しめる5つの香水をご紹介します。 これらの香水で、夏の日々をより爽快に、そして心地よく過ごしましょう。 7月におすすめの香水は? 7月は、梅雨が明け、本格的な夏が訪れる季節です。気温も湿度も高くなり、汗ばむことも多くなります。そんな季節には、爽やかで軽やかな香りの香水がおすすめ。 ご紹介するのは、ジョーマローンの「イングリッシュペアー&フリージア」、イヴ・サンローランの「リブレ」、ルイヴィトンの「ローズデヴァン」、エイディクトの「イートザピーチ」。最後にアクアディパルマの「アランチャ」です。 これらの香水で、夏の日々をさらに特別なものにしましょう。 1.ジョーマローン イングリッシュペアー&フリージア ジョーマローンの「イングリッシュペアー&フリージア」は、夏の香りを象徴するようなフレッシュで爽やかな香水です。初夏を思わせる甘く瑞々しい梨のトップノートと、洗練されたフリージアの花の香りが絶妙にブレンドされています。 この香りは、穏やかで温かみのあるアンバー、パチョリ、ウッズのベースノートによって深みを増し、長時間心地よい香りを楽しむことができます。夏のデイタイムにも、特別な夜にもぴったりな、多様なシーンで使える香水です。 ジルスチュアート ホワイトフローラルの香水はこちら 2.イヴ・サンローラン リブレ イヴ・サンローランの「リブレ」は、自由をテーマにしたジェンダーレスな香水。この香水は、ラベンダーエッセンスとモロッカンオレンジブロッサムが融合し、クラシカルでありながら現代的な感覚を感じさせる独特の香りを放ちます。 ベースには、バニラ、アンバーグリス、ムスクが加わり、洗練された甘さと深みを演出。夏の暑い日々に、この香水はクールで洗練された印象を与える香水として最適です。日中のビジネスシーンから夜のパーティーまで、幅広いシチュエーションで活躍するでしょう。 イヴ・サンローラン リブレの香水はこちら 3.ルイヴィトン ローズデヴァン ルイヴィトンの「ローズデヴァン」は、洗練されたエレガンスを象徴する香りです。この香水は、豊かなブルガリアンローズを中心に、アンバーとホワイトムスクの温かみのあるノートが絶妙に調和しています。 フローラルでありながらも、深みと複雑性を持ち合わせたこの香りは、7月の夏の日に特別な洗練を加えてくれます。デートや特別なイベントにぴったりで、持続性にも優れています。 ローズデヴァンは、夏に向けての新たな定番としておすすめです。 ルイヴィトン ローズデヴァンの香水はこちら 4.エイディクト イートザピーチ エイディクトの「イートザピーチ」は、夏の楽しさをギュッと詰め込んだような香水です。この香りは、ジューシーでフレッシュな甘い桃をメインに、ウッディノートが絶妙にミックスされています。 軽やかでありながらも、その存在感はしっかりと感じられ、暑い7月の日々をフレッシュに彩るのに最適です。カジュアルな日常使いから、夏の特別なイベントまで幅広くお使いいただける香水です。 エイディクト...

    7月におすすめ香水5選をご紹介

    7月の暑い季節には、フレッシュで軽やかな香りがぴったりです。今回、7月におすすめの夏に映える香水をピックアップしました。フルーティからフローラル、シトラス...

  • 6月におすすめ香水5選をご紹介

    6月におすすめ香水5選をご紹介

    6月は梅雨の時期で、じめじめとした暑さに加えて、紫外線も強くなり、気分も落ちがちです。そんな季節におすすめしたいのが、爽やかで軽やかな香りや、リラックスできる香りの香水です。 この記事では、6月にぴったりな香水5選をご紹介します。どれも6月のじめじめを吹き飛ばしてくれるような、爽やかで軽やかな香りばかり。ぜひお気に入りの1本を見つけて、梅雨の季節を楽しくお過ごしください。 6月におすすめの香水は? 6月は湿気が高く、気温も上昇し始める季節。心地よく過ごすためには、選ぶ香水も重要なポイントになります。そんな6月におすすめなのが、軽やかで爽やかな香りの香水たち。 今回ご紹介するのは、ジルスチュアートの「ホワイトフローラル」、ディオールの「ソバージュ オーデトワレ」、ゲランの「ムスクウートルブラン オードパルファム」、エルメスの「地中海の庭」、ブルガリの「オムニア アメジスト オードトワレ」の5つの香水です。 ここから、それぞれの香水について詳しくお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。 1.ジルスチュアート ホワイトフローラル ホワイトフローラルは、清楚で可憐なホワイトフローラルの香りに、シトラスやムスクが加わった、ジルスチュアートらしいフェミニンな香水です。雨上がりのような爽やかさと、ふんわりとした優しさを兼ね備えた香りは、梅雨のじめじめを吹き飛ばしてくれるでしょう。 甘すぎず、きつすぎない香りなので、どんなシーンにも使いやすいのが特徴。オフィスや学校、デートなど、様々なシーンで活用できます。 ジルスチュアート ホワイトフローラルの香水はこちら 2.ディオール ソバージュ オーデトワレ ソバージュ オーデトワレは、マンダリンやベルガモットの爽やかさに、ピンクペッパーやナツメグといったスパイシーなアクセントを加えた、ディオールの香水です。 爽やかなベルガモットとほろ苦いトンカビーンにくわえ、アンバーウッドのウッディな香りが、洗練された力強さを演出します。フレッシュでありながらも、深みのある香りが、湿気や気温の高さにも負けず、長時間にわたって爽快感を保つことができます。 ディオール ソバージュ オーデトワレの香水はこちら 3.ゲラン ムスクウートルブラン オードパルファム ムスクウートルブランは、清潔感のあるムスクと、上品なホワイトフローラルの香りが調和した、ゲランのロングセラー香水です。雨の多い梅雨時にも心を落ち着かせ、ほのかな甘さとともに清潔感を漂わせます。 ふんわりと優しい香りは、リラックスしたい時におすすめ。この上品で落ち着いた香りは、蒸し暑い日にも適しており、どんなシチュエーションでも穏やかな印象を与えてくれるでしょう。 ゲラン ムスクウートルブラン オードパルファムの香水はこちら...

    6月におすすめ香水5選をご紹介

    6月は梅雨の時期で、じめじめとした暑さに加えて、紫外線も強くなり、気分も落ちがちです。そんな季節におすすめしたいのが、爽やかで軽やかな香りや、リラックスで...

  • ベルガモットの香水おすすめ5選をご紹介!香りの特徴や効果なども解説

    ベルガモットの香水おすすめ5選をご紹介!香りの特徴や効果なども解説

    ベルガモットの香水は、その爽やかでフルーティーな香りが特徴的で、多くの人々に愛されています。 今回は、ベルガモットの香水の魅力を徹底解説し、その特徴や効果について詳しく紹介します。さらに、おすすめのベルガモット香水5選を厳選し、それぞれの香水が持つ独自の魅力や使用シーンについてもお伝えします。 ベルガモットは、柑橘系の中でも特にフレッシュでさわやかな香りを持ち、心をリフレッシュさせると同時にリラックス効果も期待できるため、日常使いから特別な日の演出まで幅広く活躍します。 この記事を通じて、自分にぴったりのベルガモット香水を見つけ、日常生活に心地よい香りのアクセントを加えてみてください。   この記事でわかること ・ベルガモットの香水の特徴と効果 ・ベルガモットの香水がぴったりの利用シーンや季節 ・ベルガモットの香水のなかでもとくにおすすめの商品5選 ベルガモットの香水の特徴と効果を解説 ベルガモットの香水は、その爽やかでフルーティーな香りが特徴です。ベルガモットは、柑橘系の果実でありながら、他の柑橘類とは一線を画す独特の香りを持っています。 トップノートとして使用されることが多く、その軽やかでリフレッシュ感あふれる香りは、瞬時に気分を明るくしてくれます。ベルガモットの香りは、レモンやオレンジといった一般的な柑橘類に比べて、少し甘みがあり、ほんのりとした苦味がアクセントになっています。 多くの場合、フローラルやウッディノートと組み合わせることで、より深みのある香りが演出されます。また、ベルガモットはユニセックスな香りとしても人気があり、男女問わず幅広いシーンで使用されています。 特に、エレガントで洗練されたイメージを持つ香水のベースとして愛用されており、さまざまなフレグランスのバリエーションに対応できる柔軟性があります。 ベルガモットの香り効果とは? ベルガモットの香りには、多くの心理的および身体的な効果があるとされています。 まず、その爽やかな香りは、ストレスや不安を軽減する効果があります。ベルガモットの香りを嗅ぐことで、リラックスしやすくなり、心のバランスを取り戻す手助けとなります。 また、ベルガモットには抗うつ作用があり、気分を高揚させる効果も期待できます。特に、気分が落ち込みやすい時や疲労感が強い時に使用すると、心地よいリフレッシュ感を得ることができます。 さらに、ベルガモットの香りは、集中力を高める効果もあります。作業や勉強の際にベルガモットの香りを取り入れることで、効率的に取り組むことができるでしょう。 加えて、ベルガモットには抗菌作用があり、空間の浄化にも役立ちます。このため、アロマテラピーやルームフレグランスとしても人気があります。 ベルガモットの香水が活かせるのはどんなシーン? ベルガモットの香りはリフレッシュ効果があり、日常のあらゆるシーンで活躍します。朝の身支度や昼間のちょっとした気分転換に使用することで、気持ちをリセットし、前向きな気分を保てます。 また、オフィスやビジネスシーンにもぴったりです。軽やかで清潔感のある香りが、周囲に好印象を与えるとともに、自分自身の集中力やモチベーションを高める効果があります。 くわえて、ベルガモットの香りはスポーツやアウトドア活動前後にも適しています。フレッシュでエネルギッシュな香りが、体を動かす前に活力を与え、運動後のリフレッシュにも最適です。 さらにベルガモットの香りは、リラックス効果もあるため、自宅でのリラックスタイムや夜のリフレッシュに最適です。お風呂上がりや就寝前に使用することで、心地よい安らぎを感じられます。 ベルガモットの香水に最適な季節はいつ? ベルガモットの香水に最適な季節は、特に春と夏です。春の穏やかな気候に、ベルガモットの軽やかな香りが明るい気分を引き立てます。春は気温が上がり始める季節でもあり、ベルガモットの涼やかな香りが心地よく感じられます。 また、ベルガモットの清涼感あふれる香りは、暑い夏の日に特に適しています。ベルガモットの香りは、フレッシュでエネルギッシュな印象を与え、暑さによる疲労感を和らげる効果もあります。 また、ベルガモットの香水は、海辺やリゾート地での使用にもぴったりで、爽快感とともにリフレッシュした気分を楽しむことができます。 ベルガモットの香りが魅力!おすすめ香水5選をご紹介...

    ベルガモットの香水おすすめ5選をご紹介!香りの特徴や効果なども解説

    ベルガモットの香水は、その爽やかでフルーティーな香りが特徴的で、多くの人々に愛されています。 今回は、ベルガモットの香水の魅力を徹底解説し、その特徴や効果...

  • ピーチ(桃)香水の魅力を徹底解説!特徴や効果に加え人気商品5選をご紹介

    ピーチ(桃)香水の魅力を徹底解説!特徴や効果に加え人気商品5選をご紹介

    「ピーチ(桃)香水」とは、まるで完熟した桃をそのまま切り取ったような、甘くジューシーな香りが特徴の香水です。その香りは、幸福感や親しみやすさを与え、周りの人を笑顔にさせる効果も期待できます。 ピーチの香水に魅了される人が増えている今、その特徴や効果、またどのようなシーンや季節で活かすことができるのかを詳しく解説し、さらにはピーチ香りのおすすめ香水5選をご紹介します。 甘くてフルーティな桃の香りがもたらす魅力と、その香りを最大限に楽しむ方法をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。 この記事でわかること ・ピーチ(桃)香水の特徴と魅力 ・ピーチ(桃)香水の香りの効果 ・ピーチ(桃)香水のおすすめ香水5選  ピーチ(桃)香水とは?特徴と効果について ピーチ(桃)香水は、その名の通り、桃の甘くジューシーな香りが特徴のフレグランスです。フルーティーでありながら、やわらかく女性らしい印象を与えるため、多くの女性に支持されています。 この香りはトップノートとして利用されることが多く、香り立ちが明るくフレッシュな印象を与えることが特徴です。さわやかでありながら深みのある甘さが絶妙なバランスを保っており、幅広い年齢層に愛される香水となっています。 また、ピーチの香水は、甘すぎず、爽やかさも兼ね備えているため、男女問わず使いやすい香りで、カップルでシェアするのもおすすめです。 ピーチ(桃)の香りの効果とは? ピーチ(桃)の香りには、「ピーチアルデヒド」という成分が含まれており、この成分には心身をリラックスさせる効果があります。心地よい甘さとフルーティーな鮮やかさを持ち合わさることで、ストレスの軽減や気分の向上に効果的です。 また、桃の香りには、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促進する効果があると言われています。人の心を穏やかにし、安心感を与える作用があるため、不安感が強い時や緊張を感じている時にもおすすめです。 さらに、この香りは集中力を高める効果も報告されており、作業効率をアップさせたい時などにも役立つでしょう。香水以外にも、アロマテラピーの一環としても利用されることが多く、日々の生活の質を向上させるためにも積極的に取り入れたい香りです。 ピーチ(桃)の香水が活かせる利用シーン ピーチの香水はそのフレッシュで甘い香りから、カジュアルな日常使いから特別なイベントまで幅広いシーンで活躍します。 日常では、学校や職場でのリフレッシュメントとして、また気分転換を求めるリラックスタイムにも適しています。友人とのカフェでの集まりやショッピングといった軽やかな外出にも、ピーチの香水は明るい印象を与えます。 さらに、デートやパーティーといった特別な日のアクセントとしても最適で、フルーティーな香りが親しみやすく、魅力的な雰囲気を演出します。 このように、ピーチ香水は、様々なシーンで活用することができます。気分やTPOに合わせて、ピーチの香りを使い分けて、毎日をより楽しく過ごしましょう。 ピーチ(桃)の香水がぴったりの季節 ピーチの香水は、特に春と初夏にぴったりの季節です。 この時期は自然が芽吹き、すべてが新しく生まれ変わる季節であり、ピーチの香りのフレッシュで甘い特性が、春の訪れと新たな始まりの気持ちを象徴しています。 また、春の温かく穏やかな気候は、ピーチ香水の軽やかで爽やかな特徴を引き立てます。初夏には、そのジューシーで生き生きとした香りが夏の始まりを感じさせ、活動的な日々にフィットし、気分を高揚させる効果があります。 これらの季節にピーチの香水を纏うことで、季節感を感じながら日々を楽しむことができるでしょう。 ピーチ(桃)の香りがするおすすめ香水5選のご紹介 ピーチの香りがする香水の特徴や効果や、利用シーンなどをお伝えしてきましたが、この項目では、完熟した桃のようなジューシーな香りから、上品な甘みまで、様々な表情を持つピーチ香水をご紹介します。 どんなシーンにもぴったりな、お気に入りのピーチ香水を見つけるための参考にしてください。 JO MALONE...

    ピーチ(桃)香水の魅力を徹底解説!特徴や効果に加え人気商品5選をご紹介

    「ピーチ(桃)香水」とは、まるで完熟した桃をそのまま切り取ったような、甘くジューシーな香りが特徴の香水です。その香りは、幸福感や親しみやすさを与え、周りの...

1 4

LINE友達に追加で10%OFFクーポンプレゼント!