香水はどうやって選ぶの?シチュエーションに合わせた香水の選び方を紹介

香水はどうやって選ぶの?シチュエーションに合わせた香水の選び方を紹介

「第一印象は出会って数秒で決まる」と言われているように、見た目はとても重要です。特に匂いはその人の雰囲気をあらわします。香水を身につけることで周りからどんな印象を持たれるか判断されるのです。

また、香水は自分自身の気持ちを高めてくれたり自信がつくアイテムの一つです。そこで今回は、香水の種類や選び方をシチュエーションごとに紹介します。

香水にはどんな種類があるの?

香水は、香料の濃度によって種類が決められていて、匂いの持続時間も変わります。一番強く匂いを感じるのは、パルファム(parfum)は、濃度が15~30%で、約7時間続きます。香りがとても強いため上級者向けです。

パーティーなど特別な日につけることが多いでしょう。オードパルファム(eau de parfum)は、濃度が10~15%で5時間ほどの持続時間があります。香りは強いですが、パルファムよりは使いやすいです。1プッシュでも匂いが広がりやすいため、香りを楽しみたい方におすすめです。

普段から香水をつけたい場合には、オードトワレ(eau de toilette)やオーデコロン(eau de cologne)があります。

オードトワレ-は、濃度が5~10%です。持続時間が3時間ほどで匂いもあまり強くはありませんが、ほんのりと良い匂いを身にまとえるので、気軽に使えます。デートやオフィスのときにもおすすめです。

一方でオーデコロンは、濃度3~5%の持続が1~2時間です。強い香りが好きな方には少し物足りないかもしれませんが、匂いがきつく人を不快にさせることがないため、誰でもどんなときでもつけやすいです。

香水で使われている匂いはたくさんの種類があります。代表的な香りは、フローラル系や柑橘系、フルーティ系などの香りです。

フローラル系には、ローズやジャスミンなど花の香料が入っていて華やかで甘い香りです。柑橘系は、レモンやグレープフルーツ、シトラスなどが多く使われています。

またフルーティ系には、ピーチやアップルなど甘くて爽やかな果物の匂いです。その他にもハーブや動物、スパイスなどの香りも楽しむことができます。

香水のタイプと選び方

 香水には様々な形があります。香水と聞いて一番に思い描くのがスプレータイプという方は多いのではないでしょうか。

スプレータイプは、プッシュするとミスト状に匂いが広がり、少量でも香りをまとえます。初めてだとつける量の調節が難しいですが、すぐ慣れて香りを楽しめるでしょう。

ちなみにミストと聞くと、ヘアミストやボディミストなどもありますが、使っている原料が異なり、香水として使うよりも保湿などの美容として使うのが一般的です。

スプレータイプの香水の他に人気なロールオンタイプは、容器の先端にボールがついていて、肌に直接つけて匂いを楽しみます。いつでも気軽に持ち運べるので、使いやすく初心者にもおすすめです。

また、オフィスやデート、学校帰りなどシーンも問いません。またロールオンタイプ以外で肌につける香水の種類には、練り香水があります。

練り香水は、固いクリーム状になっている香水です。匂いは強すぎずほんのりと香るので、学校やオフィスでも使いやすです。

初めて香水を選ぶときのポイント

初めての香水選びで一番重視するのは、好きな香りということです。匂いというのは、周りにいる相手への印象や好感にも繋がります。

しかし、身につけている本人が気に入った香りでないと、気分が悪くなったり香水に抵抗を感じるようになるでしょう。人への印象も大切ですが、まずは自分が好きな匂いを探して試してみましょう。

どんな匂いが好みかわからない方は、気軽につけられるフローラル系やフルーティ系、シトラス系などの王道の匂いから使ってみて自分似合うものを探すのも手です。

また、中には香水のブランドから探している方もいます。匂いよりもブランドの香水を集めることで、気分が上がったり自分の価値が上がったように感じ、自信にもなります。

インテリアとしても飾れるので、何個かお気に入りを探してみるのはいかがでしょうか。

香水は時間ごとに匂いが変化します。そのため、実際に香水を選ぶときはムエットなどにつけて匂いを嗅ぎ、好きな匂いか判断します。

その後約30分おいてからまた匂いを嗅いで確かめると、本当に好きな香りなのかを確かめることができます。また香水選びに慣れてきたら、気分に合わせて使うこともできます。

その日の気持ちや体と心の状態に合わせることで、リラックスしたり気持ちやモチベーションも高めてくれます。気合いを入れたいときやゆっくり落ち着きたい日など、香りは自分のコンディションを整えるためにも大切です。

実際に落ち込んだり気分が悪いときに香水選びに行くと新たな発見があるので、楽しめます。

デートで使える香水選び

デートで使う香水選びでは、相手の方が好みの香りをつけると好印象を与えます。しかし、好みが分からないときには、清潔感のある石鹸やフローラル系を選びましょう。

香りというのは記憶に残りやすく、相手からどう見られているか印象に繋がります。

そのため、相手に可愛らしく思われたい方は甘く華やかなフローラル系やムスク系やフレッシュな香りを、若々しく見られたい場合は柑橘系やフルーティな香り、また大人っぽく思われたい方は、ローズやジャスミンなど上品で華やか香りなど、理想としているタイプの香りを身につけるのもおすすめです。

ただし、強すぎる匂いは相手を不快にする可能性も考えられるので気をつけましょう。

デートでの香水は、場所によって変えると気遣いができて好印象です。映画館やカラオケなどの閉鎖的な場所は匂いが強すぎない石鹸やほのかに香るものを、テーマパークやショッピングでは清潔感や甘い香りなどシーンに合わせて使いましょう。

中にはディナーなどあまり強い香りに相応しくない場所もあるので、ふわっとほのかに香る匂いを選ぶのがおすすめです。

オフィスで使える香水選び

オフィス内で香水をつけるのは、好ましくないと感じる方もいます。しかし、香り方や種類によっては会社の方や取引先などにも好印象を与え、仕事がスムーズに捗る場合もあるかもしれません。

オフィスで身につける場合は、ほのかに香る程度の量を、また強すぎない匂いをつけることが大切です。石鹸の香りやハーブ系の爽やかな香りは、オフィス内の空気を華やかにしてくれるため、雰囲気が良くなるでしょう。

また、取引先との面談や会議がある時にも石鹸などの爽やかな香りは良い印象を与え覚えてもらいやすいです。

香りを身につけるは、自分自身の気持ちも変化させます。オンオフ切り替えたいとき、大事な会議がある時など香りを身につけることで、気持ちを入れ替えることができて、仕事量や成果にも繋がります。

気分を上げたいときやスイッチを入れたいときは柑橘系の香水があると気持ちを切り替えられるでしょう。また、大事な会議ではハーブやスパイスの香りがあるとすっきりとし堂々と自信を持って挑めるのではないでしょうか。

シチュエーションに合わせてお気に入りの香水をいくつか見つけてみよう

 香水はたくさんの種類があるので、そのときの気分やシチュエーションに合わせながら身につけられます。香りは、周りからどう見られるか左右される大切な外見の一つです。

また、自分の気分を上げたり落ち着かせたりすることができます。お気に入りの香りをいくつか選びながら、いつどんなときでも香りと楽しめるような香水を身につけてみてはいかがでしょうか。

ブログに戻る

LINE友達に追加で10%OFFクーポンプレゼント!

  • 香水つけてないのにいい匂い!いい香りを纏う男になるための5つの方法

    香水つけてないのにいい匂い!いい香りを纏う男になるための5つの方法

    香水は、男性の身だしなみとして欠かせないアイテムのひとつです。しかし、香水の匂いが苦手な人や、香水の匂いが強すぎると周囲に迷惑をかけてしまうという人もいます。 そこで、今回は香水をつけなくてもいい匂いを漂わせる、5つの方法をご紹介します。 また、自然でいい匂いがすると評判の香水も合わせてお伝えしますので、体臭と混ざっても違和感のない、ナチュラルな香りをお探しの方はぜひ参考にしてください。   「いい匂いがする男」になるメリット 香水をつけていないのにいい匂いがする男性には、多くのメリットがあります。 香水を使わずに魅力的ないい匂いを放つことは、男性にとって魅力の源です。香水がなくても、周りから「いい匂いがする」と言われる男性は、清潔感があり、心地よい印象を与えます。 反対に、汗や体臭が気になると、だらしなく見えたり、不快感を与えたりしてしまうでしょう。 いい匂いは、コミュニケーションを円滑にする効果も。たとえば、いい匂いがする相手に対しては親近感や好感を抱きやすいという心理が働き、会話も弾みやすくなるのです。 これは単純なコミュニケーションに限らず、恋愛においても有効な効果を発揮します。 女性は、いい匂いのする男性に好感を抱きやすい傾向があるため、いい匂いがすると好意を持たれやすくなるでしょう。 いい匂いがすると、自分自身に自信が持てるようになり、積極的に行動できるようになるという効果も。 以下のような場面で、いい匂いがする男性は好印象を与えることができます。 ・仕事や学校、プライベートで人と会うとき ・合コンやデートなどの出会いの場 ・面接やプレゼンなどのビジネスシーン いい匂いがする男性は、周囲の人に好印象を与え、自分自身にも自信が持てるようになるでしょう。 ですが、香水をつけていないのに、いい匂いがするのは言った何故なのでしょうか。次の項目でその要因について解説します。 香水つけてないのにいい匂いがするのはなぜ? 香水をつけないのにいい匂いがするのは、以下のような要因が考えられます。 ・遺伝的要因 ・健康状態と生活習慣 ・香りのあるボディケア製品の効果 ・生活環境の影響 ここから、それぞれの要因について解説いたします。 遺伝的要因 体臭の程度は、体質や遺伝的な要因によっても異なります。体臭が少ない人は、香水をつけなくてもいい匂いがする傾向があります。 また、人にはそれぞれ固有の体臭があり、その成分は遺伝的要因に大きく影響されます。一部の人は自然に心地よい体臭を持っており、これが「いい匂い」として感じ取られることがあるのです。 体質によっては、天然の体臭が心地よい香りになる人もいるでしょう。汗をかきやすい体質の人や、脂性肌の人は、特定の人から「いい匂いがする体臭」と思われやすい傾向があります。 余談として、女性は、男性の体臭から遺伝子の相性を判断するとされています。そのため、遺伝子が相性の良い男性の体臭は、女性にとって「いい匂い」に感じられると考えられています。...

    香水つけてないのにいい匂い!いい香りを纏う男になるための5つの方法

    香水は、男性の身だしなみとして欠かせないアイテムのひとつです。しかし、香水の匂いが苦手な人や、香水の匂いが強すぎると周囲に迷惑をかけてしまうという人もいま...

  • 爽やかで清潔感のある香りで好印象!レモン香水の魅力とおすすめ5選

    爽やかで清潔感のある香りで好印象!レモン香水の魅力とおすすめ5選

    爽やかで清潔感のある香りと言えば、レモンの香りを思い浮かべる人は多いでしょう。レモン香水は、その魅力的な香りで多くの人々に好まれています。 レモンは、その明るくフレッシュな香りで知られ、日常的なシーンから特別なイベントまでどんなシーンにもマッチするため、一年中楽しむことができます。 また、レモン香水は、その清潔感あふれる香りで、周囲に好印象を与えるのに役立ちます。 今回は、そんなレモン香水の中から特に優れた5つの製品をピックアップし、それぞれの香りの特徴、使用するシーンをご紹介。 この記事を通して、あなたにぴったりのレモン香水を見つけ、清潔感と爽やかさを身にまとう方法を探してみてください。   レモン香水の特徴と魅力について レモンの香りは、シトラス系の中でも特に爽やかさを感じさせる香りです。その自然な鮮やかさは、気分をリフレッシュさせ、心を穏やかにしてくれる効果があるでしょう。 また、レモンの香りは、清潔感と洗練された印象を与えるため、ビジネスシーンやカジュアルな日常使いにもぴったりです。レモン香水のもう一つの魅力は、多様性にあります。 レモンの香りをベースにしながらも、さまざまな追加ノートによって独自の個性を持った香水が多数存在します。 レモン香水の最大の特徴と魅力をまとめると、以下の3つに大分されます。 ・爽やかで清潔感のある香り ・気分をリフレッシュさせる効果 ・シーンを選ばずに使える ここから、それぞれ詳しく解説いたします。 爽やかで清潔感のある香り レモン香水の爽やかで清潔感のある香りは、レモンの香りの特徴である「シトラスノート」によって生み出されます。シトラスノートとは、柑橘系の果実の香りのことで、レモンのほかに、オレンジやグレープフルーツ、ライムなどの香りがあります。 レモン香水は、このシトラスノートの特徴を活かして、爽やかで清潔感のある香りに仕上げられています。 具体的には、レモンの香りのトップノートでは、レモンの爽やかな香りが最初に広がります。ミドルノートでは、レモンの酸味や甘みが感じられます。ベースノートでは、レモンの落ち着いた香りが残ります。 トップノートの爽やかな香りは、第一印象を良くするのに効果的です。ミドルノートの酸味や甘みは、レモンの香りをより魅力的に感じさせます。ベースノートの落ち着いた香りは、長時間持続する香りを楽しむことができます。 このように、レモン香水は、爽やかで清潔感のある香りによって、好印象を与えることができます。 気分をリフレッシュさせる効果 レモン香水には、気分をリフレッシュさせる効果があります。 これは、レモンの香りに含まれる「リモネン」という成分によるものです。リモネンは、柑橘系の果実に多く含まれる香気成分で、気分をリフレッシュさせる効果があるとされています。 具体的には、リモネンは、以下の効果があるとされています。 ・覚醒作用 ・集中力向上 ・ストレス軽減 ・リラックス効果 これらの効果によって、レモン香水を嗅ぐことで、気分がリフレッシュされ、仕事や勉強などの集中力を高め、ストレスを軽減し、リラックス効果を得ることができます。...

    爽やかで清潔感のある香りで好印象!レモン香水の魅力とおすすめ5選

    爽やかで清潔感のある香りと言えば、レモンの香りを思い浮かべる人は多いでしょう。レモン香水は、その魅力的な香りで多くの人々に好まれています。 レモンは、その...

  • ウッディ香水の魅力とは?シーン別おすすめ5選

    ウッディ香水の魅力とは?シーン別おすすめ5選

    ウッディ香水は、その深みと洗練された香りで、多くのフレグランス愛好家から高い評価を受けています。 また木の香りを主成分としたウッディ香水は、男性から女性まで幅広い層に人気です。ウッディ香水には、落ち着きや清潔感、上品さや高級感を与える効果があるとされており、さまざまなシーンで活用されています。 ウッディ香水は性別を問わず使用でき、その香りは洗練された大人のイメージを演出するのに最適です。 今回は、そんなウッディ香水の魅力や選び方、シーン別おすすめ5選をご紹介いたします。 h2:ウッディ香水とは? ウッディとは、木や樹皮、苔などの自然な木の要素を基調とした香りのカテゴリーを指します。この種類の香水は、温かみのある深み、地に足がついた安定感、そして自然からのインスピレーションを感じさせる特徴があります。 ウッディ香水は、洗練された大人の雰囲気を演出し、男女問わず人気が高いです。 以下に、ウッディ香水の特徴と代表的な香料を詳しく解説します。 ・シダーウッド(杉) シダーウッドは、針葉樹の一種であるヒノキ科の木から抽出される香料です。ウッディな香りの代表格であり、落ち着きや清潔感を与える効果があります。 ・サンダルウッド(白檀) サンダルウッドは、常緑樹の一種であるサンダルウッド科の木から抽出される香料です。ウッディな香りと甘い香りが調和した、上品で落ち着いた香りが特徴です。 ・パチョリ パチョリは、熱帯地方に生息するキク科の植物から抽出される香料です。ウッディな香りとスパイシーな香りが調和した、深みのある香りが特徴です。 ・ウード ウードは、東南アジア原産のアカシア属の木から抽出される香料です。ウッディな香りとスパイシーな香りが調和した、力強くセクシーな香りが特徴です。 ・オークモス: 苔から抽出される香料で、湿った森林のような香りがします。地面を感じさせるアースの香りは、ウッディ香水に自然な深みをもたらします。 ・アガーウッド(沈香): アジア原産の希少な木から抽出される香料で、リッチで複雑な香りが特徴です。高級感あふれる香りは、ラグジュアリーなウッディ香水によく使用されます。 これらの香料は、単独で使われることもあれば、組み合わせて使われることも多いです。 ウッディ香水の魅力を解説 ウッディ香水の魅力は、豊かで深みのある香りです。これは、木の持つ自然で落ち着いた雰囲気を反映しています。 ウッディ香水の魅力は、以下の2つが挙げられます。 ・落ち着きや上品さを与える香り ・幅広いシーンで活躍 ここから、それぞれの魅力について詳しくご紹介いたします。 落ち着きや上品さを与える香り ウッディな香りは、森林や大地を思わせる自然の香りです。そのため、心を落ち着かせ、リラックスさせてくれる効果があるとされています。また、清潔感や爽やかさを与える効果もあるため、ビジネスシーンにもおすすめです。 くわえてウッディな香りは、深みと重厚感があるため、上品さや高級感を演出するのにも効果的です。さらに、木の香りには、心を落ち着かせる効果があります。...

    ウッディ香水の魅力とは?シーン別おすすめ5選

    ウッディ香水は、その深みと洗練された香りで、多くのフレグランス愛好家から高い評価を受けています。 また木の香りを主成分としたウッディ香水は、男性から女性ま...

  • 【白檀の香り】上品で神秘的な香りの魅力とおすすめ香水をご紹介

    【白檀の香り】上品で神秘的な香りの魅力とおすすめ香水をご紹介

    白檀とは、インドや東南アジア原産の常緑樹の心材から採れる香木のこと。古くから神聖な木として崇められてきた歴史があり、仏教やヒンドゥー教の儀式にも用いられてきました。白檀の香りは、ウッディで甘い、上品な香りが特徴です。 今回は、そんな白檀の香りの特徴や魅力を解説。また、白檀の香りの香水の選び方やおすすめの香水なども合わせてご紹介します。   白檀の香りの特徴と魅力を解説 冒頭でもお伝えした通り、白檀はインドや東南アジア原産の常緑樹の一種で、その心材から採れる香木です。 白檀のウッディな香りには、落ち着きや安定感を与える効果があるともいわれているのです。また、甘い香りには、優しさや幸福感を与える効果があるとされています。 白檀は、古代から神聖な木として崇められてきました。その理由は、その香りの持つ神秘的な魅力にあります。白檀の香りは、森の中にいるような、自然の癒しの力を感じさせるような、神秘的な雰囲気を演出してくれます。 さらに、白檀の香りには、リラックス効果や安眠効果があるとも言われており、脳をリラックスさせる効果や、睡眠ホルモンの分泌を促す効果もあると言われているのです。 この項目では、白檀の香りの特徴と魅力におけるポイントを詳しく解説します。また、白檀とサンダルウッドの違いについてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。 ウッディで甘い上品な香り 白檀の香りは、ウッディで甘い上品な香りが特徴。白檀の香りを具体的に表現すると、以下のような香りが当てはまります。 ・ウッディ:森、木、樹脂、スパイス ・甘い:ムスク、バニラ、アンバー 白檀の香りは、ウッディな香りがベースとなっています。ウッディな香りには、落ち着きや安定感を与える効果があるとされています。 また、白檀の甘い香りは、サリチルアルコールという成分によって生み出されます。サリチルアルコールは、バニラやチョコレートなどの甘い香りを持つ香料として広く使われています。 この甘い香りには、優しさや幸福感を与える効果があるとされています。 また、白檀の香りの主成分は、サンタロールです。サンタロールは、化学合成できない天然の成分であり、白檀特有の香りを生み出しています。 白檀の香りは、さまざまなシーンで活躍する香りです。ビジネスシーンでは、落ち着いた雰囲気を演出するのに役立ちます。 また、デートやパーティーなど、特別なシーンでは、上品な魅力を引き出すのにおすすめの香りといえるでしょう。 古代から神聖な木としての白檀 白檀は、その希少性と高貴な香りから、古代から神聖な木として崇められてきました。仏教やヒンドゥー教の儀式では、白檀の香木が焚かれ、神々への捧げ物として使われてきました。また、白檀の精油は、仏像や寺院の装飾にも用いられています。 仏教では、白檀の香りは、煩悩を払い、心を清めるのに役立つとされているのです。また、ヒンドゥー教では、白檀の香りは、神々の降臨を促す効果があるとされています。 このように、白檀の香りは、古代から人々を魅了してきた、神秘的な香りなのです。白檀の香りは、どこか懐かしいような、神秘的な香りです。ゆったりとしたリラックス感や、高級感を演出したいときにおすすめです。 リラックス効果や安眠効果について 白檀の香りには、脳をリラックスさせる効果があるとされています。また、睡眠ホルモンの分泌を促す効果があるとも言われています。 白檀の香りに含まれる「リナロール」という成分には、脳の興奮を抑制する効果があるとされています。また、白檀の香りを嗅ぐと、心拍数や血圧が低下するなどの変化がみられることから、リラックス効果が期待できるでしょう。 また、白檀の香りに含まれる「メラトニン」という成分には、睡眠ホルモンの分泌を促す効果があるとされています。白檀の香りを嗅ぐと、α波(リラックスした状態に表れる脳波)の量が増加するなどの変化がみられることから、安眠効果があるとされているためです。 白檀の香水を直接嗅ぐことで、リラックス効果や安眠効果をより強く実感することができます。また、白檀の精油をアロマディフューザーで拡散するのもおすすめです。 さらに、白檀の香りが漂う空間で過ごすことで、リラックス効果や安眠効果をより持続的に得ることができます。 例えば、白檀のお香は、神聖な香りとして、古くから使われてきました。お部屋に焚いて、リラックスしたり、リフレッシュしたりするのにおすすめ。...

    【白檀の香り】上品で神秘的な香りの魅力とおすすめ香水をご紹介

    白檀とは、インドや東南アジア原産の常緑樹の心材から採れる香木のこと。古くから神聖な木として崇められてきた歴史があり、仏教やヒンドゥー教の儀式にも用いられて...

1 4
彼氏におすすめの香水
彼女におすすめの香水