香水の重ね付け(レイヤリング)とは?失敗しない香り選びや正しい付け方について

香水の重ね付け(レイヤリング)とは?失敗しない香り選びや正しい付け方について

香水を「重ね付け」するというテクニックをご存知でしょうか。複数の香水を重ね付けすることを「レイヤリング」又は「レイヤー使い」と呼びます。お気に入りの香水を1種類で使ってももちろん素敵ですが、2〜3種類の香水を重ね付けすることで、香りに奥行きを出したり、自分だけの香りを楽しむことができます。手持ちの香りに変化を付けたい場合にもおすすめです。

とは言え、数多くある香水の中で「どの香りをどのように組み合わせたら良いのかわからない」と迷われる方も多いかと思います。この記事では、香水の重ね付けについて、香りの選び方から正しい付け方まで詳しくご紹介していきます。

香水の重ね付け(レイヤリング)とは?

香水の「重ね付け」とは、2〜3種類の複数の香水をまとって香りの調和や変化を楽しむことを指します。「レイヤリング」又は「レイヤー使い」と呼ばれることもあります。

香水の重ねづけを推奨しているブランドもあり「カクテル」や「ミソコロジー」と呼ばれたり、各ブランドによってその名称もさまざまです。

香水の重ね付けのメリットについて

香水を重ね付けする際は、下半身と上半身、体の前と後、というようにそれぞれの身体の部位に違った香りを付けるのが基本です。そうすることで空気中に香りの層が生まれ、香りを立体的に楽しむことができます。複数の香りを組み合わせることで、手軽に自分だけの香りを纏うことができ、自己表現の幅もぐっと広がります。

また香水の重ね付けは、「手持ちの香水に飽きてしまった」という方や「その日の気分や予定によって違う香りを楽しみたい」という方にもぴったりです。香水の適切な使用期限はパッケージ開封済みのもので約1年、未開封のものでも約3年と意外と短いもの。1度に使う量も少なく、開封しても使い切るまでに時間がかかるので、使い切れずに余らせてしまっているケースも多いのではないでしょうか。他の香水との重ね付けなどで気分を変えつつ、香りや成分が劣化する前に使い切ってしまうことをおすすめします。

香水を重ね付けする際の注意点

香水を重ね付けする際は、2種類にこだわらず、3種類以上の香りを使っても問題ありません。自分が心地良いと感じる香りを自由に組み合わせて楽しみましょう。とは言え、香水によってはあまり重ね付けに適さないものもあります。例えば、調香師によって香りのバランスが緻密に計算された高価なブランド香水などです。

一般的に、香水の香りは付けてから時間が経つにつれて3段階に変化します。それぞれトップノート、ミドルノート、ラストノートと呼ばれていますが、この香りの変化やバランスが1本で綺麗にまとまるように計算されて作られた複雑な構成の香りの場合、重ね付けすることによって、調香のバランスを崩してしまうことがあります。

それほど神経質になる必要はありませんが、重ね付けをする香水選びに迷った際は、単体の香りで構成されたシンプルな「シングルノート」の香水を組み合わせるのが無難です。

香水を重ね付けする際の香り選びのポイント

ここでは、異なる2つ以上の香りを組み合わせる際の、香り選びのポイントについてご紹介していきます。

(1) 同じ香料を使った香水を組み合わせる

初心者さんでも失敗しにくい組み合わせは「同じ香料」を使用した香水や「香りのイメージが近い」ものを選ぶという方法です。

例えば、ロマンチックなフローラル系同士、爽やかな柑橘系同士、というように同系統のものであれば、他ブランドの香水や複数の香りであってもお互いにケンカせずにバランスよくまとまります。

男女問わず好感度の高い香りでまとめたい時は、オレンジやベルガモットなどのシトラス系をベースにするのがおすすめです。その他、清潔感のある石鹸の香りや水をイメージしたアクア系もクセがなく、普段使いしやすい香りです。

(2) 正反対の香り組み合わせてコントラストを楽しむ

上級者さんの場合、シトラス系×ウッディ系、フローラル系 × スパイシー系というように、あえて正反対の香りを組み合わせて、コントラストを楽しむという方法もあります。その他、フルーティ系やフローラル系などの、ふんわりとしたイメージの香りに、スパイシー系の香りを少し加えることで、アクセントが効いたおしゃれな印象の香りに仕上がります。

全く異なる種類の香りを組み合わせることで一方の香りをより引き立てたり、個性的な香りを発見できることがあります。重ね付けに慣れてきたら、色々な組み合わせに挑戦してみてはいかがでしょうか。

(3)シングルノート同士の香水を組み合わせる

【香水を重ね付けする際の注意点】の項目でご紹介したように、重ね付けをする香水選びに迷った際は、単体の香りで構成されたシンプルな「シングルノート」の香水を組み合わせると良いでしょう。

一般的に、香水は時間の経過と共に香りが変化していきます。付け始め〜30分くらいの香りをトップノート、トップノートのあとに1〜2時間続く香りをミドルノート、香水を付けてから2〜3時間後に現れる香りをラストノートと呼びます。

一方で、1種類の香料のみを使用して作られた「シングルノート」と呼ばれる香水もあります。シングルノートは、トップノート、ミドルノート、ラストノートと呼ばれるような複雑な香りの変化がなく、重ね付けする際もお互いに香りのバランスを保ちやすいと言えます。また、付けた時の香りがそのまま継続するため、相性の良い香りが比較的見つけやすいというのもメリットです。

香水を重ね付けする際の正しい方法について

立体的に香りを楽しんだり、付ける人の魅力をより際立てたりと、香水の重ね付けにはさまざまな効果が期待できます。ただし香水の量や使い方を一歩間違えると、周囲に迷惑をかけてしまう可能性も。香水を楽しむ際は、周囲への配慮も大切です。ここでは、複数の香水を使用する際の「適量」や「身体のどこに付けると良いのか」など、正しく「香水の重ね付け」を楽しむための方法についてご紹介していきます。

(1)一箇所に一種類の香りをまとう

複数の香水を使用する際は、複数の香りを一箇所にまとめて付けるのではなく「下半身と上半身」「体の前と後」というように分け、それぞれの身体の部位に違った香りを付けるようにしましょう。一箇所に一種類の香りを付けることで、それぞれの香りを打ち消すことなく、引き立てることができます。

また香水を付ける際は、身体から20~30センチ離して、一箇所につき1プッシュが基本です。香りの控えめなオーデコロンの場合は、様子をみながら2〜3プッシュしても良いでしょう。

香水の香りは、自分にとっては心地良くても、周囲の人にとっては予想以上に強く感じられることがあります。特に重ね付けをする際は、付ける香水の量も増えるので、少し「物足りない」と感じるくらいの量を意識しましょう。よりさりげなく香らせたい場合は、空中に香水を一拭きさせて、その中に身体をくぐらせても良いでしょう。香水を付けるタイミングは出かける30分前くらいがベストです。付け始めの強い香りが程よく馴染み、バランスの良い香りが楽しめます。

(2)ライトな香りは上半身に、重厚感のある香りは下半身に

香水を付ける場所は、どのように香らせたいかによっても変わってきます。香水は、体温が高くなる場所に付けるほど「香りが広がりやすい」と言われています。複数の香水を使用する際は、軽めの香りは上半身に付けてしっかり香らせ、重厚感のある香りは下半身に付けてほんのり香らせるとバランス良く香りを楽しむことができます。また、すれ違いざまに香りの余韻を残したい時は、身体の前側(胸元など)にフルーティ系やシトラス系の爽やかな香り、身体の後ろ側(首筋、背中など)にはスパイシー系やウッディ系などの温かみのある香りをつけるという方法もあります。

上半身に香水を付ける場合は、首筋、手首、ひじの内側などがおすすめです。首筋に香水をふる際は、いったん手首などに吹き付けてから軽く叩くようにして馴染ませると良いでしょう。香水にはアルコールが含まれているため、目や唇などのデリケートな粘膜部分に付着しないように注意が必要です。また、手首に香水を付ける時は、どちらかの手首に少量ふりかけた後、もう一方の手首で軽く叩くようにして馴染ませます。この時、両手首を強く擦り合わせないように注意しましょう。摩擦熱によって、香りが変化してしまう可能性があります。

下半身に香水を付ける場合は、膝の裏や足首などがおすすめです。下から上に上がっていく香りの性質を活かして、ほのかな香りを楽しむことができます。膝の裏や足首では香り方が物足りないという場合は、腰回りに付けるのも良いでしょう。香水を試したい場合は、直接肌に付ける前に、コットンやティッシュに吹き付けて香りを確認してみましょう。

(3)香水は清潔な肌に使用する

重ね付けする時意外にも言えることですが、香水を制汗剤や消臭剤の目的で使うのはやめましょう。香水は清潔な肌に使用するために作られたものです。汗のにおいなど、不快なにおいを抑える効果はありません。香水が他のにおいと混ざることによって、より不快なにおいを発生させてしまう可能性があります。特に柑橘系の香りは、汗や皮脂と混ざると香りが変化しやすいので注意が必要です。特に暑い季節は、デコルテ、脇、足の裏など「汗のかきやすい場所」に香水を付けないようにしましょう。

【まとめ】

香りの組み合わせから香らせ方まで、奥の深い香水の世界。重ね付けをすることで、その楽しみ方はますます広がります。洋服と同様に、季節や気分、シーンに合わせたコーディネートを試してみてはいかがでしょうか♪

ブログに戻る
  • 香水を服に付けるとどうなる?本来の香水の付け方と服に付ける方法

    香水を服に付けるとどうなる?本来の香水の付け方と服に付ける方法

    香水はどこに付けていますか。中には服に付ける方もいるかもしれません。ですが、本来は香水は服に付けるものではないことをご存知でしょうか。 この記事では、香水を服に付けるとどうなるのか、本来の香水の付け方とメリットや注意点、服に付ける方法をご紹介していきます。 本来の香水の付け方 香水は、プッシュ式のものやボトルに入っている状態のものなどさまざまあり、ボトルからアトマイザーなどに移して使われている方も多いかもしれません。香水を買っても、香水をどこにどう付けるのか、説明書きなどが付いているケースはあまりありません。 そのため、正しい付け方を知らない方も多いのではないでしょうか。香水を服に付ける方、カバンやマフラー、スカーフなどの身に着けるものにプッシュして付ける方も多いと思います。 ですが、本来の付け方は、服などのアイテムではなく、肌に付けるのが正しい付け方です。耳の後ろや首筋が王道ですが、どのくらいかぐわせたいか、TPO、立場や気分などにより、手首などに付ける方もいます。 香水をなぜ肌に付けるのかというと、香水は温まることで香りが変化するからです。人の体温によって揮発していき、トップノート→ミドルノート→ラストノートという独特の変化が楽しめます。 そのため、肌に付けて楽しむのが本来の付け方です。また、服に付けると香水の成分が服について、変色することやシミになるおそれがあるため、一般的には推奨されていません。 服に付けてはいけないのか では、香水は服に付けてはいけないのでしょうか。もし、本来は肌に付けるものだと知らずに服に付けているとすれば、香水の使い方を知らない人と思われてしまうおそれがあり、恥ずかしい思いをするかもしれません。 一方、服に付けるリスクを理解したうえで、あえて自分の希望や好みで服に付けるなら問題ありません。 たとえば、夏場など汗ばむシーズンに肌に付けると、香水と汗が混じって臭くなると不安になる方や敏感肌で肌に付けるとかゆくなるような気がするという方、肌に直接香りがつくのが嫌な方などです。 あえて服に付けたいという方は、シミや変色など服にダメージを与えて後悔することにならによう注意したうえで、付けても問題ありません。その際は、後からご紹介する、おすすめの服へ香水を付ける方法も参考にしてください。 香水を服に付けることで生まれるメリット 香水を服に付けることでのメリットもあります。どのようなメリットがあるのでしょうか。 香りが和らぐ 香水を肌に直接付けると、自分が感じる香りが強すぎると感じるケースもあります。この場合、服に付けることで香りを緩和することができます。 飲食業や介護、看護の仕事など、仕事がら肌に直接付けて仕事ができないといった方もいるかもしれません。 しかし、香りを嗅ぐと気分が落ち着く、ストレスが緩和されるという方もいるかもしれません。 そんな方は通勤時に服の裏などに付けて出勤すると、通勤の間、良い香りに癒されます。 職場では着替えてしまうので、強い香りで迷惑をかける心配はありません。服に付けても、自分にはほんのり余韻の香りが残って癒されることもあります。 香りの持続やテンションアップ作用 香水は人肌による揮発を通じて、香りの変化を楽しむのが本来の方法ですが、中には最初の香りが特に好きという方もいると思います。 好みの香水の香りでリフレッシュしたい方やテンションを上げたいといった方は、肌ではなく、服に付けたほうが、最初の香りを楽しめます。 揮発が遅くなり、最初に感じるトップノートの香りが持続しやすくなるためです。 高級な香水を効率的に楽しむ 香水は、オーデコロンなどに比べると、香りの原液に近いのでとても高価です。わずかな量で香る一方、ほんの少しの量で数万円するケースも少なくありません。 肌に付けるとラストノートの余韻が残っていても、シャワーを浴びれば消えてしまいます。 そのため、服に付けておくと翌日まで香りが残っている場合や数日間ほんわりと香るので、少量でも長く楽しむことができます。 コストパフォーマンスを高めたい方、節約志向の方におすすめの付け方です。また、体臭対策や香り対策にもなります。...

    香水を服に付けるとどうなる?本来の香水の付け方と服に付ける方法

    香水はどこに付けていますか。中には服に付ける方もいるかもしれません。ですが、本来は香水は服に付けるものではないことをご存知でしょうか。 この記事では、香水...

  • 香水のトップノートとは?ミドルノートやラストノートとの違い・香料の種類などをご紹介

    香水のトップノートとは?ミドルノートやラストノートとの違い・香料の種類などをご紹介

    香水にはさまざまな香りがブレンドされており、時間が経つと徐々に香りが変わります。香水を付けた際に最初に香るのがトップノートです。トップノートは、香水の第一印象を決める香りでもあります。 香水選びで失敗したくない方は、トップノートについて理解しておいたほうが良いでしょう。そこで、本記事では、香水のトップノートがどのようなものなのかを解説します。 ミドルノートやラストノートとの違い、トップノートに使われる香料の種類や香水選びのポイントなどについても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。 香水の「トップノート」とは? 香水のトップノートとは、肌に付けた時に最初に香る香りのことを指します。香水を付けた瞬間に香るため、その香水を印象付ける重要な香りといって良いでしょう。トップノートは、揮発性が高いという特徴があります。 すぐに香りを感じることができますが、肌から離れてしまうため、香りは長続きしません。持続時間は香水によって異なりますが、5~30分くらいとなっています。 「ミドルノート」や「ラストノート」との違い 香水はトップノートから香り始めて、次にミドルノート(ハートノート)やラストノート(ベースノート)へと3つの段階に変化するのが特徴です。これらの段階は、「香りのピラミッド」とも呼ばれています。 ミドルノートとは ミドルノートは、香りの中間に位置する香りです。香りのピラミッドでは真ん中に位置しています。このミドルノートは、香りの心臓部にあたるため、「ハートノート」と呼ばれることもあります。 ミドルノートが香り始めるのは、身体に付けてから30分~2時間くらいです。揮発速度が遅い香料で構成されているため、トップノートよりも持続時間が長くなっています。 香水本来の香りが長続きしますので、香水を選ぶ際には、このミドルノートの香りをよく確認しておいたほうが良いでしょう。 ミドルノートでよく用いられる香りとしては、ジンジャーやブラックペッパーなどのジンジャー系、カルダモンやシナモンなどのスパイシー系、ジャスミンやローズなどのフローラル系があります。 ラストノートとは ラストノートは、トップノートやミドルノートの次に香る香りです。香りのピラミッドでは一番下に位置する香りであり、「ベースノート」、「ボトムノート」、「ラスティングノート」などと呼ばれることもあります。 ラストノートが香り始めるのは、香水を付けてから2時間後くらいです。揮発が遅い香料で構成されているため、持続性が高く、長く香りを楽しむことができます。 ラストノートで用いられる香りは、アンバー、バニラ、シベッド、ムスクなどの動物性の香りがです。サンダルウッド、シダーウッドなどのウッディ系の香りもよく用いられています。 トップノートに使われる香料の種類 トップノートには、爽やかで軽やかな印象の香料が多く用いられています。具体例は以下の通りです。 柑橘系の香り トップノートには、ベルガモット、レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系が使われることが多い傾向です。これらの柑橘系の香りはフレッシュさが魅力です。清涼感や清潔感もあります。 リフレッシュしたい時には、トップノートに柑橘系の香りがブレンドされている香水を選んでみると良いでしょう。 アロマティック系の香り ラベンダー、ローズマリー、ユーカリなどのアロマティック系も、トップノートで用いられることが多い香りです。アロマティック系の香りを嗅ぐと、リラックス効果が期待できます。 香りで癒されたい時には、トップノートにロマティック系の香りがブレンドされている香水がうってつけでしょう。 フルーツ系の香り アップル、ピーチ、ネクタリンなどのフルーツ系も、トップノートではよく用いられている香りです。甘くてフルーティーな香りは、みずみずしさがあり、心地良い気分にさせてくれます。 香水選びのポイント ここでは、香水を選ぶ際に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。 トップノートの香りだけで判断しないことが大切!...

    香水のトップノートとは?ミドルノートやラストノートとの違い・香料の種類などをご紹介

    香水にはさまざまな香りがブレンドされており、時間が経つと徐々に香りが変わります。香水を付けた際に最初に香るのがトップノートです。トップノートは、香水の第一...

  • シャンプーの香りがする香水の魅力やおすすめの香水をご紹介

    シャンプーの香りがする香水の魅力やおすすめの香水をご紹介

    香水には、華やかなフローラル系、落ち着いたウッディ系、爽やかなマリン系など、フレッシュなシトラス系などといったように、いろいろな香りがあります。 自分の好みや身に着けるシーンに合わせて、最適な香水を選ぶと良いでしょう。シーンを問わずに使える香水を選びたいのであれば、シャンプーの香りがする香水を選んでみてはいかがでしょうか。 そこで、本記事では、シャンプーの香りがするおすすめの香水を厳選してご紹介していきます。シャンプーの香りがする香水のメリット、香水の付け方のポイントについても触れていきますので、悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 シャンプーの香りがする香水の魅力やメリット シャンプーの香りの香水は、お風呂上りのような清潔さがあるのが魅力です。身に着けるだけで清々しい気分にさせてくれます。そんなシャンプーの香りがする香水のメリットは、以下の通りです。 香水初心者でも使いやすい! シャンプーの香りの香水は、爽やかで清潔な印象を与えてくれます。ナチュラルな香りで、軽く香るため、初めて香水を使う方でも気軽に扱いやすいでしょう。 男女や性別を問わずに使いやすい! シャンプーの香りの香水は、性別を問わずに使える香りです。年齢も問わずに使いやすい香りなので、家族同士や恋人同士でもシェアできるのがメリットです。お揃いの香りを身に着ければ、仲がより深まることでしょう。 体臭対策としても使える! シャンプーの香りの香水は、気になる体臭をカバーして爽やかな印象を与えてくれます。たとえば、スポーツ後にシャンプーの香りの香水をスプレーすれば、汗の臭いを消して、シャワーを浴びた後のような清々しい香りが広がります。香りのおしゃれを楽しむだけでなく、エチケット対策としても使えるのがメリットです。 リラックスできる! シャンプーの香りの香水は、リラックス効果をもたらしてくれます。リフレッシュしたい時に、シャンプーの香りの香水をスプレーして香りを嗅げば、良い気分転換になることでしょう。 セレモニーでも付けやすい香り お葬式のようなセレモニーでは、香水は控えるのがマナーと言われています。香水を付けて参列すると、お香の香りを邪魔することやほかの人の気分を害してしまうおそれがあるからです。 シャンプーの香りの香水であれば、主張しすぎず、好感度が高い香りなので、セレモニーシーンでも使いやすいでしょう。 ただし、付けすぎないように注意が必要です。シャンプーの香りの香水を付ける際には、1~2プッシュくらいを目安にして使用すると良いでしょう。 身体には付けずに、ハンカチや下着にシャンプーの香りの香水を少しだけ付けるのも良いです。通常よりさり気なく香るのでおすすめです。 シャンプーの香りがする香水の付け方 シャンプーの香りがする香水を心地良く香らせるためには、付ける量や付け方が重要です。ここでは、シャンプーの香りがする香水の付け方のポイントをいくつかご紹介します。 肌から離してスプレーする シャンプーの香りがする香水を付ける際には、肌から20~30cmくらい離してからスプレーするのがポイントです。肌から近い距離でスプレーすると、付けすぎてしまいますので気を付けましょう。 柔らかく香らせたい時には、空中散布もおすすめです。空中にシャンプーの香りがする香水をスプレーしたら、その下をくぐることで、付けすぎを防ぐことができます。 下半身側に香水を付ける 香りは下から上へと上がっていくため、下半身に付けることで、ふんわりと香りが広がっていきます。シャンプーの香りがする香水を徐々に香らせたい時には、足首、ひざ裏、太ももなどの下半身に付けると良いでしょう。 外出の30分くらい前を目安に付ける シャンプーの香りがする香水を付ける際には、タイミングにも気を付けてみると良いでしょう。香水は、「トップノート」「ミドルノート」「ラストノート」の順で香りが変化していきます。 香水の核である「ミドルノート」が香るのは、20~30分くらいなので、そのタイミングに合わせて付けてみると良いでしょう。 ただし、香水によってミドルノートが香り出す時間が異なります。そのため、お持ちの香水に合わせて、タイミングを計ってみてください。 シャンプーの香りがする香水!おすすめ7選...

    シャンプーの香りがする香水の魅力やおすすめの香水をご紹介

    香水には、華やかなフローラル系、落ち着いたウッディ系、爽やかなマリン系など、フレッシュなシトラス系などといったように、いろいろな香りがあります。 自分の好...

  • アールグレイの香りがする香水の魅力やおすすめ香水を厳選紹介!

    アールグレイの香りがする香水の魅力やおすすめ香水を厳選紹介!

    爽やかで落ち着く香りのが好きだという方は、アールグレイ(Earl Grey)の香水を選んでみてはいかがでしょうか。アールグレイの香水は、紅茶と柑橘のフレッシュな香りを楽しめるのが魅力です。 本記事では、アールグレイの香水の魅力やおすすめの香水をご紹介していきます。 「アールグレイ」とはどのような紅茶? そもそも、アールグレイとはどのようなものなのでしょうか。アールグレイは、ベルガモット(ミカン科ミカン属の柑橘類)で茶葉に香りを付けた紅茶のことです。口に含むと、ベルガモットの爽やかな柑橘系の香りが広がります。 アールグレイの由来 アールグレイは英語で、「Earl Grey」と表記します。Earl (アール) は、男爵や伯爵などを意味する英語です。Greyは、イギリスの首相を務めたグレイ伯爵のことです。 グレイ伯爵は、中国の紅茶であるラプサン・スーチョンというフレーバーティーに魅了されてしまい、紅茶会社へ依頼してその味を再現したのがきっかけで「アールグレイ」が誕生したと言われています。 グレイ伯爵が中国に赴任した時に、自分で考案したという説もあるようです。その後、アールグレイは各地に広がっていき、世界的に知られる紅茶となりました。 アールグレイの香水の魅力とは? アールグレイの香りは、紅茶だけでなく、香水としても人気があります。アールグレイの香水が販売されているのを見たことがある方もいらっしゃるでしょう。 落ち着いた香りが楽しめる アールグレイの香水の魅力は、落ち着いた印象があることです。アールグレイは柑橘系の香りですが、レモンやオレンジのようにキツすぎないため、ほっとした安らぎを与えてくれます。リラックスした時にうってつけの香りといって良いでしょう。 万人受けしやすい香り アールグレイの香水は、世代を問わずに好まれやすい香りです。アールグレイの香水を上手に身に着ければ、いろいろな人たちのコミュニケーションがスムーズになるかもしれません。 いろいろなシーンにマッチする香り アールグレイの香水は、品の良い香りなので、どんなシーンにもマッチします。ビジネス、デート、スポーツ後など、いろいろなシーンで活用できることでしょう。 アールグレイの香りが楽しめる香水!おすすめ5選! ここからは、アールグレイの香りが楽しめる香水をいくつかご紹介していきます。 1.SHIRO(シロ)のアールグレイ オードパルファン SHIROは、最高の素材にこだわった商品を販売している日本のブランドです。コスメ、スキンケア、タオル、フードなど、いろいろな商品を取り扱いしており、香水のバリエーションも豊富に揃っています。 こちらのアールグレイ オードパルファンは、紅茶を飲んだ時に口の中に広がる香りをイメージして作られた香水です。 適量をスプレーするだけでアールグレイの香りが広がっていきますので、ティータイムを楽しんでいるような気分に浸れることでしょう。香りの持続時間は、5~6時間くらいです。 香りの構成 トップノートは、爽やかな印象を与えてくれるベルガモットの香りです。ミドルノートは、ティーやローズの香りが楽しめます。ラストノートは、ムスクやアンバーなどの落ち着いた香りに変わります。...

    アールグレイの香りがする香水の魅力やおすすめ香水を厳選紹介!

    爽やかで落ち着く香りのが好きだという方は、アールグレイ(Earl Grey)の香水を選んでみてはいかがでしょうか。アールグレイの香水は、紅茶と柑橘のフレッ...

1 4

LINE友達に追加で10%OFFクーポンプレゼント!