香水を服に付けるとどうなる?本来の香水の付け方と服に付ける方法

香水を服に付けるとどうなる?本来の香水の付け方と服に付ける方法

香水はどこに付けていますか。中には服に付ける方もいるかもしれません。ですが、本来は香水は服に付けるものではないことをご存知でしょうか。

この記事では、香水を服に付けるとどうなるのか、本来の香水の付け方とメリットや注意点、服に付ける方法をご紹介していきます。

本来の香水の付け方

香水は、プッシュ式のものやボトルに入っている状態のものなどさまざまあり、ボトルからアトマイザーなどに移して使われている方も多いかもしれません。香水を買っても、香水をどこにどう付けるのか、説明書きなどが付いているケースはあまりありません。

そのため、正しい付け方を知らない方も多いのではないでしょうか。香水を服に付ける方、カバンやマフラー、スカーフなどの身に着けるものにプッシュして付ける方も多いと思います。

ですが、本来の付け方は、服などのアイテムではなく、肌に付けるのが正しい付け方です。耳の後ろや首筋が王道ですが、どのくらいかぐわせたいか、TPO、立場や気分などにより、手首などに付ける方もいます。

香水をなぜ肌に付けるのかというと、香水は温まることで香りが変化するからです。人の体温によって揮発していき、トップノート→ミドルノート→ラストノートという独特の変化が楽しめます。

そのため、肌に付けて楽しむのが本来の付け方です。また、服に付けると香水の成分が服について、変色することやシミになるおそれがあるため、一般的には推奨されていません。

服に付けてはいけないのか

では、香水は服に付けてはいけないのでしょうか。もし、本来は肌に付けるものだと知らずに服に付けているとすれば、香水の使い方を知らない人と思われてしまうおそれがあり、恥ずかしい思いをするかもしれません。

一方、服に付けるリスクを理解したうえで、あえて自分の希望や好みで服に付けるなら問題ありません。

たとえば、夏場など汗ばむシーズンに肌に付けると、香水と汗が混じって臭くなると不安になる方や敏感肌で肌に付けるとかゆくなるような気がするという方、肌に直接香りがつくのが嫌な方などです。

あえて服に付けたいという方は、シミや変色など服にダメージを与えて後悔することにならによう注意したうえで、付けても問題ありません。その際は、後からご紹介する、おすすめの服へ香水を付ける方法も参考にしてください。

香水を服に付けることで生まれるメリット

香水を服に付けることでのメリットもあります。どのようなメリットがあるのでしょうか。

香りが和らぐ

香水を肌に直接付けると、自分が感じる香りが強すぎると感じるケースもあります。この場合、服に付けることで香りを緩和することができます。

飲食業や介護、看護の仕事など、仕事がら肌に直接付けて仕事ができないといった方もいるかもしれません。

しかし、香りを嗅ぐと気分が落ち着く、ストレスが緩和されるという方もいるかもしれません。

そんな方は通勤時に服の裏などに付けて出勤すると、通勤の間、良い香りに癒されます。

職場では着替えてしまうので、強い香りで迷惑をかける心配はありません。服に付けても、自分にはほんのり余韻の香りが残って癒されることもあります。

香りの持続やテンションアップ作用

香水は人肌による揮発を通じて、香りの変化を楽しむのが本来の方法ですが、中には最初の香りが特に好きという方もいると思います。

好みの香水の香りでリフレッシュしたい方やテンションを上げたいといった方は、肌ではなく、服に付けたほうが、最初の香りを楽しめます。

揮発が遅くなり、最初に感じるトップノートの香りが持続しやすくなるためです。

高級な香水を効率的に楽しむ

香水は、オーデコロンなどに比べると、香りの原液に近いのでとても高価です。
わずかな量で香る一方、ほんの少しの量で数万円するケースも少なくありません。

肌に付けるとラストノートの余韻が残っていても、シャワーを浴びれば消えてしまいます。

そのため、服に付けておくと翌日まで香りが残っている場合や数日間ほんわりと香るので、少量でも長く楽しむことができます。

コストパフォーマンスを高めたい方、節約志向の方におすすめの付け方です。また、体臭対策や香り対策にもなります。

香水を毎日付けて、自分の気になる香りや家庭臭、ペット臭などを予防したいといった場合、うっかり付け忘れて出かけてしまうと、テンションが下がり、臭いが気になって憂鬱な気分になるかもしれません。

そんな時、毎日着るコートやジャケットに香水を吹きかけておくことや前夜に翌日着ていく服を用意する際に吹きかけておけば、付け忘れを防ぎ、ほんのりとかぐわせることができます。

香水を服に付ける時の注意点

香水を服に付ける際に気を付けたいことがあります。1つは自分に対する香りと、周囲に対する香りの違いです。

直接肌に付けると自分には強く香りますが、周囲にはそこまで強くは感じられません。

一方、服に付けると自分ではふんわり感じても、周囲にはかなり香りが漂うことがあります。

肌に付ける場合、自分で香りを強く感じられるので、手指でひと塗りだけやワンプッシュからツープッシュ程度にとどめる方が多いです。

一方、服に付ける場合、思い切りかけてしまう方も多く、周囲に与える香りが強すぎる場合もあるので気を付けましょう。

香りが好きな方もいれば、スメルハラスメントとクレームを言われてしまうおそれもあります。

もう1つ、注意したいのは、服の変色やシミができるおそれがあることです。
香水の成分は主に香料とエタノールですが、香料由来の色が付いている場合や無色透明でも成分が反応して、服にシミができることもあるので気を付けましょう。特に高価な服や目立つ場所に付けるのは避けましょう。

香水を服に付ける際のおすすめの方法

衣料用の消臭剤並みに服の表面に思い切り付けてしまうと、シミになるおそれがあります。

また、香りのタイプや付ける量によっては、周囲に与える香りが強すぎ、スメハラと言われてしまうおそれもあるので注意が必要です。

そこで、服へのダメージを抑えながら、自分にも周囲にもほどよく香り、楽しめる方法として、以下のような付け方をしてみてはいかがでしょうか。たとえば、コートやジャケットの裏地に付けます。

裏地ならシミになりにくく、シミが付いても見せる部分ではないので、気にせずに済みます。

女性の場合、スカートの裏地や裾の裏側などに付けるのもおすすめです。香水は足元に付けるイメージはあまりないかもしれません。

実は、香水の香りは揮発性なので、下から上へ香る流れになっています。香りを楽しむには鼻の近くでないと意味がない、だから耳の裏や首筋に付けるのではと思う方も、より長く香りを楽しみたいなら、下のほうに付けたほうが、流れてくる香りを長く楽しめます。

足のほうに付けることで、歩くたびにふんわりと香るなど、柔らかな香りを楽しむことができるので、ぜひ一度試してみてください。

香水を付けたいけれど、最初のパンチのある強い香りが苦手といったジレンマを抱えている方も、スカートやズボンの裾の裏側などに付けてみましょう。

まとめ

香水は人肌で温まることで揮発して香りの変化が楽しめるため、本来は肌に直接付けるものです。

もっとも、香りが強すぎる、持続しないなどの悩みがある方や肌に直接付けるのが苦手な方は服に付けても問題はありません。

ただし、服の変色やシミができないよう、付ける場所を工夫するなど気を付けましょう。

ブログに戻る
  • 香水を服に付けるとどうなる?本来の香水の付け方と服に付ける方法

    香水を服に付けるとどうなる?本来の香水の付け方と服に付ける方法

    香水はどこに付けていますか。中には服に付ける方もいるかもしれません。ですが、本来は香水は服に付けるものではないことをご存知でしょうか。 この記事では、香水を服に付けるとどうなるのか、本来の香水の付け方とメリットや注意点、服に付ける方法をご紹介していきます。 本来の香水の付け方 香水は、プッシュ式のものやボトルに入っている状態のものなどさまざまあり、ボトルからアトマイザーなどに移して使われている方も多いかもしれません。香水を買っても、香水をどこにどう付けるのか、説明書きなどが付いているケースはあまりありません。 そのため、正しい付け方を知らない方も多いのではないでしょうか。香水を服に付ける方、カバンやマフラー、スカーフなどの身に着けるものにプッシュして付ける方も多いと思います。 ですが、本来の付け方は、服などのアイテムではなく、肌に付けるのが正しい付け方です。耳の後ろや首筋が王道ですが、どのくらいかぐわせたいか、TPO、立場や気分などにより、手首などに付ける方もいます。 香水をなぜ肌に付けるのかというと、香水は温まることで香りが変化するからです。人の体温によって揮発していき、トップノート→ミドルノート→ラストノートという独特の変化が楽しめます。 そのため、肌に付けて楽しむのが本来の付け方です。また、服に付けると香水の成分が服について、変色することやシミになるおそれがあるため、一般的には推奨されていません。 服に付けてはいけないのか では、香水は服に付けてはいけないのでしょうか。もし、本来は肌に付けるものだと知らずに服に付けているとすれば、香水の使い方を知らない人と思われてしまうおそれがあり、恥ずかしい思いをするかもしれません。 一方、服に付けるリスクを理解したうえで、あえて自分の希望や好みで服に付けるなら問題ありません。 たとえば、夏場など汗ばむシーズンに肌に付けると、香水と汗が混じって臭くなると不安になる方や敏感肌で肌に付けるとかゆくなるような気がするという方、肌に直接香りがつくのが嫌な方などです。 あえて服に付けたいという方は、シミや変色など服にダメージを与えて後悔することにならによう注意したうえで、付けても問題ありません。その際は、後からご紹介する、おすすめの服へ香水を付ける方法も参考にしてください。 香水を服に付けることで生まれるメリット 香水を服に付けることでのメリットもあります。どのようなメリットがあるのでしょうか。 香りが和らぐ 香水を肌に直接付けると、自分が感じる香りが強すぎると感じるケースもあります。この場合、服に付けることで香りを緩和することができます。 飲食業や介護、看護の仕事など、仕事がら肌に直接付けて仕事ができないといった方もいるかもしれません。 しかし、香りを嗅ぐと気分が落ち着く、ストレスが緩和されるという方もいるかもしれません。 そんな方は通勤時に服の裏などに付けて出勤すると、通勤の間、良い香りに癒されます。 職場では着替えてしまうので、強い香りで迷惑をかける心配はありません。服に付けても、自分にはほんのり余韻の香りが残って癒されることもあります。 香りの持続やテンションアップ作用 香水は人肌による揮発を通じて、香りの変化を楽しむのが本来の方法ですが、中には最初の香りが特に好きという方もいると思います。 好みの香水の香りでリフレッシュしたい方やテンションを上げたいといった方は、肌ではなく、服に付けたほうが、最初の香りを楽しめます。 揮発が遅くなり、最初に感じるトップノートの香りが持続しやすくなるためです。 高級な香水を効率的に楽しむ 香水は、オーデコロンなどに比べると、香りの原液に近いのでとても高価です。わずかな量で香る一方、ほんの少しの量で数万円するケースも少なくありません。 肌に付けるとラストノートの余韻が残っていても、シャワーを浴びれば消えてしまいます。 そのため、服に付けておくと翌日まで香りが残っている場合や数日間ほんわりと香るので、少量でも長く楽しむことができます。 コストパフォーマンスを高めたい方、節約志向の方におすすめの付け方です。また、体臭対策や香り対策にもなります。...

    香水を服に付けるとどうなる?本来の香水の付け方と服に付ける方法

    香水はどこに付けていますか。中には服に付ける方もいるかもしれません。ですが、本来は香水は服に付けるものではないことをご存知でしょうか。 この記事では、香水...

  • 香水のトップノートとは?ミドルノートやラストノートとの違い・香料の種類などをご紹介

    香水のトップノートとは?ミドルノートやラストノートとの違い・香料の種類などをご紹介

    香水にはさまざまな香りがブレンドされており、時間が経つと徐々に香りが変わります。香水を付けた際に最初に香るのがトップノートです。トップノートは、香水の第一印象を決める香りでもあります。 香水選びで失敗したくない方は、トップノートについて理解しておいたほうが良いでしょう。そこで、本記事では、香水のトップノートがどのようなものなのかを解説します。 ミドルノートやラストノートとの違い、トップノートに使われる香料の種類や香水選びのポイントなどについても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。 香水の「トップノート」とは? 香水のトップノートとは、肌に付けた時に最初に香る香りのことを指します。香水を付けた瞬間に香るため、その香水を印象付ける重要な香りといって良いでしょう。トップノートは、揮発性が高いという特徴があります。 すぐに香りを感じることができますが、肌から離れてしまうため、香りは長続きしません。持続時間は香水によって異なりますが、5~30分くらいとなっています。 「ミドルノート」や「ラストノート」との違い 香水はトップノートから香り始めて、次にミドルノート(ハートノート)やラストノート(ベースノート)へと3つの段階に変化するのが特徴です。これらの段階は、「香りのピラミッド」とも呼ばれています。 ミドルノートとは ミドルノートは、香りの中間に位置する香りです。香りのピラミッドでは真ん中に位置しています。このミドルノートは、香りの心臓部にあたるため、「ハートノート」と呼ばれることもあります。 ミドルノートが香り始めるのは、身体に付けてから30分~2時間くらいです。揮発速度が遅い香料で構成されているため、トップノートよりも持続時間が長くなっています。 香水本来の香りが長続きしますので、香水を選ぶ際には、このミドルノートの香りをよく確認しておいたほうが良いでしょう。 ミドルノートでよく用いられる香りとしては、ジンジャーやブラックペッパーなどのジンジャー系、カルダモンやシナモンなどのスパイシー系、ジャスミンやローズなどのフローラル系があります。 ラストノートとは ラストノートは、トップノートやミドルノートの次に香る香りです。香りのピラミッドでは一番下に位置する香りであり、「ベースノート」、「ボトムノート」、「ラスティングノート」などと呼ばれることもあります。 ラストノートが香り始めるのは、香水を付けてから2時間後くらいです。揮発が遅い香料で構成されているため、持続性が高く、長く香りを楽しむことができます。 ラストノートで用いられる香りは、アンバー、バニラ、シベッド、ムスクなどの動物性の香りがです。サンダルウッド、シダーウッドなどのウッディ系の香りもよく用いられています。 トップノートに使われる香料の種類 トップノートには、爽やかで軽やかな印象の香料が多く用いられています。具体例は以下の通りです。 柑橘系の香り トップノートには、ベルガモット、レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系が使われることが多い傾向です。これらの柑橘系の香りはフレッシュさが魅力です。清涼感や清潔感もあります。 リフレッシュしたい時には、トップノートに柑橘系の香りがブレンドされている香水を選んでみると良いでしょう。 アロマティック系の香り ラベンダー、ローズマリー、ユーカリなどのアロマティック系も、トップノートで用いられることが多い香りです。アロマティック系の香りを嗅ぐと、リラックス効果が期待できます。 香りで癒されたい時には、トップノートにロマティック系の香りがブレンドされている香水がうってつけでしょう。 フルーツ系の香り アップル、ピーチ、ネクタリンなどのフルーツ系も、トップノートではよく用いられている香りです。甘くてフルーティーな香りは、みずみずしさがあり、心地良い気分にさせてくれます。 香水選びのポイント ここでは、香水を選ぶ際に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。 トップノートの香りだけで判断しないことが大切!...

    香水のトップノートとは?ミドルノートやラストノートとの違い・香料の種類などをご紹介

    香水にはさまざまな香りがブレンドされており、時間が経つと徐々に香りが変わります。香水を付けた際に最初に香るのがトップノートです。トップノートは、香水の第一...

  • シャンプーの香りがする香水の魅力やおすすめの香水をご紹介

    シャンプーの香りがする香水の魅力やおすすめの香水をご紹介

    香水には、華やかなフローラル系、落ち着いたウッディ系、爽やかなマリン系など、フレッシュなシトラス系などといったように、いろいろな香りがあります。 自分の好みや身に着けるシーンに合わせて、最適な香水を選ぶと良いでしょう。シーンを問わずに使える香水を選びたいのであれば、シャンプーの香りがする香水を選んでみてはいかがでしょうか。 そこで、本記事では、シャンプーの香りがするおすすめの香水を厳選してご紹介していきます。シャンプーの香りがする香水のメリット、香水の付け方のポイントについても触れていきますので、悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 シャンプーの香りがする香水の魅力やメリット シャンプーの香りの香水は、お風呂上りのような清潔さがあるのが魅力です。身に着けるだけで清々しい気分にさせてくれます。そんなシャンプーの香りがする香水のメリットは、以下の通りです。 香水初心者でも使いやすい! シャンプーの香りの香水は、爽やかで清潔な印象を与えてくれます。ナチュラルな香りで、軽く香るため、初めて香水を使う方でも気軽に扱いやすいでしょう。 男女や性別を問わずに使いやすい! シャンプーの香りの香水は、性別を問わずに使える香りです。年齢も問わずに使いやすい香りなので、家族同士や恋人同士でもシェアできるのがメリットです。お揃いの香りを身に着ければ、仲がより深まることでしょう。 体臭対策としても使える! シャンプーの香りの香水は、気になる体臭をカバーして爽やかな印象を与えてくれます。たとえば、スポーツ後にシャンプーの香りの香水をスプレーすれば、汗の臭いを消して、シャワーを浴びた後のような清々しい香りが広がります。香りのおしゃれを楽しむだけでなく、エチケット対策としても使えるのがメリットです。 リラックスできる! シャンプーの香りの香水は、リラックス効果をもたらしてくれます。リフレッシュしたい時に、シャンプーの香りの香水をスプレーして香りを嗅げば、良い気分転換になることでしょう。 セレモニーでも付けやすい香り お葬式のようなセレモニーでは、香水は控えるのがマナーと言われています。香水を付けて参列すると、お香の香りを邪魔することやほかの人の気分を害してしまうおそれがあるからです。 シャンプーの香りの香水であれば、主張しすぎず、好感度が高い香りなので、セレモニーシーンでも使いやすいでしょう。 ただし、付けすぎないように注意が必要です。シャンプーの香りの香水を付ける際には、1~2プッシュくらいを目安にして使用すると良いでしょう。 身体には付けずに、ハンカチや下着にシャンプーの香りの香水を少しだけ付けるのも良いです。通常よりさり気なく香るのでおすすめです。 シャンプーの香りがする香水の付け方 シャンプーの香りがする香水を心地良く香らせるためには、付ける量や付け方が重要です。ここでは、シャンプーの香りがする香水の付け方のポイントをいくつかご紹介します。 肌から離してスプレーする シャンプーの香りがする香水を付ける際には、肌から20~30cmくらい離してからスプレーするのがポイントです。肌から近い距離でスプレーすると、付けすぎてしまいますので気を付けましょう。 柔らかく香らせたい時には、空中散布もおすすめです。空中にシャンプーの香りがする香水をスプレーしたら、その下をくぐることで、付けすぎを防ぐことができます。 下半身側に香水を付ける 香りは下から上へと上がっていくため、下半身に付けることで、ふんわりと香りが広がっていきます。シャンプーの香りがする香水を徐々に香らせたい時には、足首、ひざ裏、太ももなどの下半身に付けると良いでしょう。 外出の30分くらい前を目安に付ける シャンプーの香りがする香水を付ける際には、タイミングにも気を付けてみると良いでしょう。香水は、「トップノート」「ミドルノート」「ラストノート」の順で香りが変化していきます。 香水の核である「ミドルノート」が香るのは、20~30分くらいなので、そのタイミングに合わせて付けてみると良いでしょう。 ただし、香水によってミドルノートが香り出す時間が異なります。そのため、お持ちの香水に合わせて、タイミングを計ってみてください。 シャンプーの香りがする香水!おすすめ7選...

    シャンプーの香りがする香水の魅力やおすすめの香水をご紹介

    香水には、華やかなフローラル系、落ち着いたウッディ系、爽やかなマリン系など、フレッシュなシトラス系などといったように、いろいろな香りがあります。 自分の好...

  • アールグレイの香りがする香水の魅力やおすすめ香水を厳選紹介!

    アールグレイの香りがする香水の魅力やおすすめ香水を厳選紹介!

    爽やかで落ち着く香りのが好きだという方は、アールグレイ(Earl Grey)の香水を選んでみてはいかがでしょうか。アールグレイの香水は、紅茶と柑橘のフレッシュな香りを楽しめるのが魅力です。 本記事では、アールグレイの香水の魅力やおすすめの香水をご紹介していきます。 「アールグレイ」とはどのような紅茶? そもそも、アールグレイとはどのようなものなのでしょうか。アールグレイは、ベルガモット(ミカン科ミカン属の柑橘類)で茶葉に香りを付けた紅茶のことです。口に含むと、ベルガモットの爽やかな柑橘系の香りが広がります。 アールグレイの由来 アールグレイは英語で、「Earl Grey」と表記します。Earl (アール) は、男爵や伯爵などを意味する英語です。Greyは、イギリスの首相を務めたグレイ伯爵のことです。 グレイ伯爵は、中国の紅茶であるラプサン・スーチョンというフレーバーティーに魅了されてしまい、紅茶会社へ依頼してその味を再現したのがきっかけで「アールグレイ」が誕生したと言われています。 グレイ伯爵が中国に赴任した時に、自分で考案したという説もあるようです。その後、アールグレイは各地に広がっていき、世界的に知られる紅茶となりました。 アールグレイの香水の魅力とは? アールグレイの香りは、紅茶だけでなく、香水としても人気があります。アールグレイの香水が販売されているのを見たことがある方もいらっしゃるでしょう。 落ち着いた香りが楽しめる アールグレイの香水の魅力は、落ち着いた印象があることです。アールグレイは柑橘系の香りですが、レモンやオレンジのようにキツすぎないため、ほっとした安らぎを与えてくれます。リラックスした時にうってつけの香りといって良いでしょう。 万人受けしやすい香り アールグレイの香水は、世代を問わずに好まれやすい香りです。アールグレイの香水を上手に身に着ければ、いろいろな人たちのコミュニケーションがスムーズになるかもしれません。 いろいろなシーンにマッチする香り アールグレイの香水は、品の良い香りなので、どんなシーンにもマッチします。ビジネス、デート、スポーツ後など、いろいろなシーンで活用できることでしょう。 アールグレイの香りが楽しめる香水!おすすめ5選! ここからは、アールグレイの香りが楽しめる香水をいくつかご紹介していきます。 1.SHIRO(シロ)のアールグレイ オードパルファン SHIROは、最高の素材にこだわった商品を販売している日本のブランドです。コスメ、スキンケア、タオル、フードなど、いろいろな商品を取り扱いしており、香水のバリエーションも豊富に揃っています。 こちらのアールグレイ オードパルファンは、紅茶を飲んだ時に口の中に広がる香りをイメージして作られた香水です。 適量をスプレーするだけでアールグレイの香りが広がっていきますので、ティータイムを楽しんでいるような気分に浸れることでしょう。香りの持続時間は、5~6時間くらいです。 香りの構成 トップノートは、爽やかな印象を与えてくれるベルガモットの香りです。ミドルノートは、ティーやローズの香りが楽しめます。ラストノートは、ムスクやアンバーなどの落ち着いた香りに変わります。...

    アールグレイの香りがする香水の魅力やおすすめ香水を厳選紹介!

    爽やかで落ち着く香りのが好きだという方は、アールグレイ(Earl Grey)の香水を選んでみてはいかがでしょうか。アールグレイの香水は、紅茶と柑橘のフレッ...

1 4

LINE友達に追加で10%OFFクーポンプレゼント!