香水を服に付けるとどうなる?本来の香水の付け方と服に付ける方法

香水を服に付けるとどうなる?本来の香水の付け方と服に付ける方法

香水はどこに付けていますか。中には服に付ける方もいるかもしれません。ですが、本来は香水は服に付けるものではないことをご存知でしょうか。

この記事では、香水を服に付けるとどうなるのか、本来の香水の付け方とメリットや注意点、服に付ける方法をご紹介していきます。

本来の香水の付け方

香水は、プッシュ式のものやボトルに入っている状態のものなどさまざまあり、ボトルからアトマイザーなどに移して使われている方も多いかもしれません。香水を買っても、香水をどこにどう付けるのか、説明書きなどが付いているケースはあまりありません。

そのため、正しい付け方を知らない方も多いのではないでしょうか。香水を服に付ける方、カバンやマフラー、スカーフなどの身に着けるものにプッシュして付ける方も多いと思います。

ですが、本来の付け方は、服などのアイテムではなく、肌に付けるのが正しい付け方です。耳の後ろや首筋が王道ですが、どのくらいかぐわせたいか、TPO、立場や気分などにより、手首などに付ける方もいます。

香水をなぜ肌に付けるのかというと、香水は温まることで香りが変化するからです。人の体温によって揮発していき、トップノート→ミドルノート→ラストノートという独特の変化が楽しめます。

そのため、肌に付けて楽しむのが本来の付け方です。また、服に付けると香水の成分が服について、変色することやシミになるおそれがあるため、一般的には推奨されていません。

服に付けてはいけないのか

では、香水は服に付けてはいけないのでしょうか。もし、本来は肌に付けるものだと知らずに服に付けているとすれば、香水の使い方を知らない人と思われてしまうおそれがあり、恥ずかしい思いをするかもしれません。

一方、服に付けるリスクを理解したうえで、あえて自分の希望や好みで服に付けるなら問題ありません。

たとえば、夏場など汗ばむシーズンに肌に付けると、香水と汗が混じって臭くなると不安になる方や敏感肌で肌に付けるとかゆくなるような気がするという方、肌に直接香りがつくのが嫌な方などです。

あえて服に付けたいという方は、シミや変色など服にダメージを与えて後悔することにならによう注意したうえで、付けても問題ありません。その際は、後からご紹介する、おすすめの服へ香水を付ける方法も参考にしてください。

香水を服に付けることで生まれるメリット

香水を服に付けることでのメリットもあります。どのようなメリットがあるのでしょうか。

香りが和らぐ

香水を肌に直接付けると、自分が感じる香りが強すぎると感じるケースもあります。この場合、服に付けることで香りを緩和することができます。

飲食業や介護、看護の仕事など、仕事がら肌に直接付けて仕事ができないといった方もいるかもしれません。

しかし、香りを嗅ぐと気分が落ち着く、ストレスが緩和されるという方もいるかもしれません。

そんな方は通勤時に服の裏などに付けて出勤すると、通勤の間、良い香りに癒されます。

職場では着替えてしまうので、強い香りで迷惑をかける心配はありません。服に付けても、自分にはほんのり余韻の香りが残って癒されることもあります。

香りの持続やテンションアップ作用

香水は人肌による揮発を通じて、香りの変化を楽しむのが本来の方法ですが、中には最初の香りが特に好きという方もいると思います。

好みの香水の香りでリフレッシュしたい方やテンションを上げたいといった方は、肌ではなく、服に付けたほうが、最初の香りを楽しめます。

揮発が遅くなり、最初に感じるトップノートの香りが持続しやすくなるためです。

高級な香水を効率的に楽しむ

香水は、オーデコロンなどに比べると、香りの原液に近いのでとても高価です。
わずかな量で香る一方、ほんの少しの量で数万円するケースも少なくありません。

肌に付けるとラストノートの余韻が残っていても、シャワーを浴びれば消えてしまいます。

そのため、服に付けておくと翌日まで香りが残っている場合や数日間ほんわりと香るので、少量でも長く楽しむことができます。

コストパフォーマンスを高めたい方、節約志向の方におすすめの付け方です。また、体臭対策や香り対策にもなります。

香水を毎日付けて、自分の気になる香りや家庭臭、ペット臭などを予防したいといった場合、うっかり付け忘れて出かけてしまうと、テンションが下がり、臭いが気になって憂鬱な気分になるかもしれません。

そんな時、毎日着るコートやジャケットに香水を吹きかけておくことや前夜に翌日着ていく服を用意する際に吹きかけておけば、付け忘れを防ぎ、ほんのりとかぐわせることができます。

香水を服に付ける時の注意点

香水を服に付ける際に気を付けたいことがあります。1つは自分に対する香りと、周囲に対する香りの違いです。

直接肌に付けると自分には強く香りますが、周囲にはそこまで強くは感じられません。

一方、服に付けると自分ではふんわり感じても、周囲にはかなり香りが漂うことがあります。

肌に付ける場合、自分で香りを強く感じられるので、手指でひと塗りだけやワンプッシュからツープッシュ程度にとどめる方が多いです。

一方、服に付ける場合、思い切りかけてしまう方も多く、周囲に与える香りが強すぎる場合もあるので気を付けましょう。

香りが好きな方もいれば、スメルハラスメントとクレームを言われてしまうおそれもあります。

もう1つ、注意したいのは、服の変色やシミができるおそれがあることです。
香水の成分は主に香料とエタノールですが、香料由来の色が付いている場合や無色透明でも成分が反応して、服にシミができることもあるので気を付けましょう。特に高価な服や目立つ場所に付けるのは避けましょう。

香水を服に付ける際のおすすめの方法

衣料用の消臭剤並みに服の表面に思い切り付けてしまうと、シミになるおそれがあります。

また、香りのタイプや付ける量によっては、周囲に与える香りが強すぎ、スメハラと言われてしまうおそれもあるので注意が必要です。

そこで、服へのダメージを抑えながら、自分にも周囲にもほどよく香り、楽しめる方法として、以下のような付け方をしてみてはいかがでしょうか。たとえば、コートやジャケットの裏地に付けます。

裏地ならシミになりにくく、シミが付いても見せる部分ではないので、気にせずに済みます。

女性の場合、スカートの裏地や裾の裏側などに付けるのもおすすめです。香水は足元に付けるイメージはあまりないかもしれません。

実は、香水の香りは揮発性なので、下から上へ香る流れになっています。香りを楽しむには鼻の近くでないと意味がない、だから耳の裏や首筋に付けるのではと思う方も、より長く香りを楽しみたいなら、下のほうに付けたほうが、流れてくる香りを長く楽しめます。

足のほうに付けることで、歩くたびにふんわりと香るなど、柔らかな香りを楽しむことができるので、ぜひ一度試してみてください。

香水を付けたいけれど、最初のパンチのある強い香りが苦手といったジレンマを抱えている方も、スカートやズボンの裾の裏側などに付けてみましょう。

まとめ

香水は人肌で温まることで揮発して香りの変化が楽しめるため、本来は肌に直接付けるものです。

もっとも、香りが強すぎる、持続しないなどの悩みがある方や肌に直接付けるのが苦手な方は服に付けても問題はありません。

ただし、服の変色やシミができないよう、付ける場所を工夫するなど気を付けましょう。

【監修者:MELLフレングランス編集部】
この記事はMELLフレングランス編集部が監修しました。小分け香水に関して、今後もお役に立つ情報を提供してまいります。
ブログに戻る
  • 8月におすすめ香水5選をご紹介

    8月におすすめ香水5選をご紹介

    夏の訪れと共に、太陽が降り注ぐ季節となりました。活気あふれる街並みと、心地よい風を感じながら、自分らしさを表現する香水を纏ってみてはいかがでしょうか? 今回ご紹介するのは、8月におすすめしたい5つの香水です。それぞれの香りの特徴と魅力を、シーンや気分に合わせてご紹介します。 8月におすすめの香水は? 夏の訪れを感じる8月、季節にぴったりの香水を選びたいですよね。今回は、5つの特別な香りをご紹介します。 ご紹介するのは、イソップの「タシット オードパルファム」、サンタマリアノヴェッラの「エンジェルオブフローレンス」、ルイヴィトンの「パシフィックチル」、メゾンフランシスクルジャンの「アクアユニヴェルサリス」。そして、ルアぺの「ホワイトアプリコット」です。 どれも8月の暑さを和らげる素晴らしい選択肢です。自分のスタイルや気分に合わせて、お気に入りの一本を見つけてみてください。 ここから、それぞれの香水についての詳細をお伝えします。 1.イソップ タシット オードパルファム イソップ タシット オードパルファムは、地中海の澄んだ空気と、太陽の温もりを感じさせるような、シトラスとハーバルの香りです。フレッシュなユズやバジルクランベールにクローブ、ローズマリーやフェンネル、ミントの香りが爽やかでありながらも深みのある印象を与えます。夏の暑さに負けず、凛とした自信と洗練された雰囲気を演出したい方におすすめです。 イソップ タシット オードパルファムの香水はこちら 2.サンタマリアノヴェッラ エンジェルオブフローレンス イタリア・フィレンツェ生まれの老舗香水ブランド、サンタマリアノヴェッラの、甘やかでフルーティーな香りの香水です。ピーチやオレンジのフルーティーノートに、マリンノート、ジャスミン、ブラックカラントが調和し、バニラやムスク、サンダルウッドの温かみのある甘さが加わります。特別な日の装いを格上げし、女性らしさを引き立ててくれるでしょう。 3.ルイヴィトン パシフィックチル パシフィックチルは、カリフォルニアの海を思わせるような、爽やかでエキゾチックな香り。ジューシーなブラックカラントやシトラスに、ミントやコリアンダーのスパイシーなアクセントが効いています。活気に満ちた夏の日差しにぴったりな、軽やかで開放感のある香りは、アクティブなシーンにもおすすめです。 ルイヴィトン パシフィックチルの香水はこちら 4.メゾンフランシスクルジャン アクアユニヴェルサリス アクアユニヴェルサリスは、フランスの調香師、フランシス・クルジャン氏が手がけた、シャボンの香りを彷彿とさせる香りのユニセックス香水。透明感のあるシトラスとフローラルの香りに、ムスクやアンバーの温もりを与えています。性別や年齢を問わず、どんな方にも使いやすい洗練された香りは、夏のあらゆるシーンに寄り添ってくれるでしょう。 メゾンフランシスクルジャン アクアユニヴェルサリスの香水はこちら 5.ルアぺ...

    8月におすすめ香水5選をご紹介

    夏の訪れと共に、太陽が降り注ぐ季節となりました。活気あふれる街並みと、心地よい風を感じながら、自分らしさを表現する香水を纏ってみてはいかがでしょうか? 今...

  • 7月におすすめ香水5選をご紹介

    7月におすすめ香水5選をご紹介

    7月の暑い季節には、フレッシュで軽やかな香りがぴったりです。今回、7月におすすめの夏に映える香水をピックアップしました。フルーティからフローラル、シトラス系まで、さまざまな香りを楽しめる5つの香水をご紹介します。 これらの香水で、夏の日々をより爽快に、そして心地よく過ごしましょう。 7月におすすめの香水は? 7月は、梅雨が明け、本格的な夏が訪れる季節です。気温も湿度も高くなり、汗ばむことも多くなります。そんな季節には、爽やかで軽やかな香りの香水がおすすめ。 ご紹介するのは、ジョーマローンの「イングリッシュペアー&フリージア」、イヴ・サンローランの「リブレ」、ルイヴィトンの「ローズデヴァン」、エイディクトの「イートザピーチ」。最後にアクアディパルマの「アランチャ」です。 これらの香水で、夏の日々をさらに特別なものにしましょう。 1.ジョーマローン イングリッシュペアー&フリージア ジョーマローンの「イングリッシュペアー&フリージア」は、夏の香りを象徴するようなフレッシュで爽やかな香水です。初夏を思わせる甘く瑞々しい梨のトップノートと、洗練されたフリージアの花の香りが絶妙にブレンドされています。 この香りは、穏やかで温かみのあるアンバー、パチョリ、ウッズのベースノートによって深みを増し、長時間心地よい香りを楽しむことができます。夏のデイタイムにも、特別な夜にもぴったりな、多様なシーンで使える香水です。 ジルスチュアート ホワイトフローラルの香水はこちら 2.イヴ・サンローラン リブレ イヴ・サンローランの「リブレ」は、自由をテーマにしたジェンダーレスな香水。この香水は、ラベンダーエッセンスとモロッカンオレンジブロッサムが融合し、クラシカルでありながら現代的な感覚を感じさせる独特の香りを放ちます。 ベースには、バニラ、アンバーグリス、ムスクが加わり、洗練された甘さと深みを演出。夏の暑い日々に、この香水はクールで洗練された印象を与える香水として最適です。日中のビジネスシーンから夜のパーティーまで、幅広いシチュエーションで活躍するでしょう。 イヴ・サンローラン リブレの香水はこちら 3.ルイヴィトン ローズデヴァン ルイヴィトンの「ローズデヴァン」は、洗練されたエレガンスを象徴する香りです。この香水は、豊かなブルガリアンローズを中心に、アンバーとホワイトムスクの温かみのあるノートが絶妙に調和しています。 フローラルでありながらも、深みと複雑性を持ち合わせたこの香りは、7月の夏の日に特別な洗練を加えてくれます。デートや特別なイベントにぴったりで、持続性にも優れています。 ローズデヴァンは、夏に向けての新たな定番としておすすめです。 ルイヴィトン ローズデヴァンの香水はこちら 4.エイディクト イートザピーチ エイディクトの「イートザピーチ」は、夏の楽しさをギュッと詰め込んだような香水です。この香りは、ジューシーでフレッシュな甘い桃をメインに、ウッディノートが絶妙にミックスされています。 軽やかでありながらも、その存在感はしっかりと感じられ、暑い7月の日々をフレッシュに彩るのに最適です。カジュアルな日常使いから、夏の特別なイベントまで幅広くお使いいただける香水です。 エイディクト...

    7月におすすめ香水5選をご紹介

    7月の暑い季節には、フレッシュで軽やかな香りがぴったりです。今回、7月におすすめの夏に映える香水をピックアップしました。フルーティからフローラル、シトラス...

  • 6月におすすめ香水5選をご紹介

    6月におすすめ香水5選をご紹介

    6月は梅雨の時期で、じめじめとした暑さに加えて、紫外線も強くなり、気分も落ちがちです。そんな季節におすすめしたいのが、爽やかで軽やかな香りや、リラックスできる香りの香水です。 この記事では、6月にぴったりな香水5選をご紹介します。どれも6月のじめじめを吹き飛ばしてくれるような、爽やかで軽やかな香りばかり。ぜひお気に入りの1本を見つけて、梅雨の季節を楽しくお過ごしください。 6月におすすめの香水は? 6月は湿気が高く、気温も上昇し始める季節。心地よく過ごすためには、選ぶ香水も重要なポイントになります。そんな6月におすすめなのが、軽やかで爽やかな香りの香水たち。 今回ご紹介するのは、ジルスチュアートの「ホワイトフローラル」、ディオールの「ソバージュ オーデトワレ」、ゲランの「ムスクウートルブラン オードパルファム」、エルメスの「地中海の庭」、ブルガリの「オムニア アメジスト オードトワレ」の5つの香水です。 ここから、それぞれの香水について詳しくお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。 1.ジルスチュアート ホワイトフローラル ホワイトフローラルは、清楚で可憐なホワイトフローラルの香りに、シトラスやムスクが加わった、ジルスチュアートらしいフェミニンな香水です。雨上がりのような爽やかさと、ふんわりとした優しさを兼ね備えた香りは、梅雨のじめじめを吹き飛ばしてくれるでしょう。 甘すぎず、きつすぎない香りなので、どんなシーンにも使いやすいのが特徴。オフィスや学校、デートなど、様々なシーンで活用できます。 ジルスチュアート ホワイトフローラルの香水はこちら 2.ディオール ソバージュ オーデトワレ ソバージュ オーデトワレは、マンダリンやベルガモットの爽やかさに、ピンクペッパーやナツメグといったスパイシーなアクセントを加えた、ディオールの香水です。 爽やかなベルガモットとほろ苦いトンカビーンにくわえ、アンバーウッドのウッディな香りが、洗練された力強さを演出します。フレッシュでありながらも、深みのある香りが、湿気や気温の高さにも負けず、長時間にわたって爽快感を保つことができます。 ディオール ソバージュ オーデトワレの香水はこちら 3.ゲラン ムスクウートルブラン オードパルファム ムスクウートルブランは、清潔感のあるムスクと、上品なホワイトフローラルの香りが調和した、ゲランのロングセラー香水です。雨の多い梅雨時にも心を落ち着かせ、ほのかな甘さとともに清潔感を漂わせます。 ふんわりと優しい香りは、リラックスしたい時におすすめ。この上品で落ち着いた香りは、蒸し暑い日にも適しており、どんなシチュエーションでも穏やかな印象を与えてくれるでしょう。 ゲラン ムスクウートルブラン オードパルファムの香水はこちら...

    6月におすすめ香水5選をご紹介

    6月は梅雨の時期で、じめじめとした暑さに加えて、紫外線も強くなり、気分も落ちがちです。そんな季節におすすめしたいのが、爽やかで軽やかな香りや、リラックスで...

  • ベルガモットの香水おすすめ5選をご紹介!香りの特徴や効果なども解説

    ベルガモットの香水おすすめ5選をご紹介!香りの特徴や効果なども解説

    ベルガモットの香水は、その爽やかでフルーティーな香りが特徴的で、多くの人々に愛されています。 今回は、ベルガモットの香水の魅力を徹底解説し、その特徴や効果について詳しく紹介します。さらに、おすすめのベルガモット香水5選を厳選し、それぞれの香水が持つ独自の魅力や使用シーンについてもお伝えします。 ベルガモットは、柑橘系の中でも特にフレッシュでさわやかな香りを持ち、心をリフレッシュさせると同時にリラックス効果も期待できるため、日常使いから特別な日の演出まで幅広く活躍します。 この記事を通じて、自分にぴったりのベルガモット香水を見つけ、日常生活に心地よい香りのアクセントを加えてみてください。   この記事でわかること ・ベルガモットの香水の特徴と効果 ・ベルガモットの香水がぴったりの利用シーンや季節 ・ベルガモットの香水のなかでもとくにおすすめの商品5選 ベルガモットの香水の特徴と効果を解説 ベルガモットの香水は、その爽やかでフルーティーな香りが特徴です。ベルガモットは、柑橘系の果実でありながら、他の柑橘類とは一線を画す独特の香りを持っています。 トップノートとして使用されることが多く、その軽やかでリフレッシュ感あふれる香りは、瞬時に気分を明るくしてくれます。ベルガモットの香りは、レモンやオレンジといった一般的な柑橘類に比べて、少し甘みがあり、ほんのりとした苦味がアクセントになっています。 多くの場合、フローラルやウッディノートと組み合わせることで、より深みのある香りが演出されます。また、ベルガモットはユニセックスな香りとしても人気があり、男女問わず幅広いシーンで使用されています。 特に、エレガントで洗練されたイメージを持つ香水のベースとして愛用されており、さまざまなフレグランスのバリエーションに対応できる柔軟性があります。 ベルガモットの香り効果とは? ベルガモットの香りには、多くの心理的および身体的な効果があるとされています。 まず、その爽やかな香りは、ストレスや不安を軽減する効果があります。ベルガモットの香りを嗅ぐことで、リラックスしやすくなり、心のバランスを取り戻す手助けとなります。 また、ベルガモットには抗うつ作用があり、気分を高揚させる効果も期待できます。特に、気分が落ち込みやすい時や疲労感が強い時に使用すると、心地よいリフレッシュ感を得ることができます。 さらに、ベルガモットの香りは、集中力を高める効果もあります。作業や勉強の際にベルガモットの香りを取り入れることで、効率的に取り組むことができるでしょう。 加えて、ベルガモットには抗菌作用があり、空間の浄化にも役立ちます。このため、アロマテラピーやルームフレグランスとしても人気があります。 ベルガモットの香水が活かせるのはどんなシーン? ベルガモットの香りはリフレッシュ効果があり、日常のあらゆるシーンで活躍します。朝の身支度や昼間のちょっとした気分転換に使用することで、気持ちをリセットし、前向きな気分を保てます。 また、オフィスやビジネスシーンにもぴったりです。軽やかで清潔感のある香りが、周囲に好印象を与えるとともに、自分自身の集中力やモチベーションを高める効果があります。 くわえて、ベルガモットの香りはスポーツやアウトドア活動前後にも適しています。フレッシュでエネルギッシュな香りが、体を動かす前に活力を与え、運動後のリフレッシュにも最適です。 さらにベルガモットの香りは、リラックス効果もあるため、自宅でのリラックスタイムや夜のリフレッシュに最適です。お風呂上がりや就寝前に使用することで、心地よい安らぎを感じられます。 ベルガモットの香水に最適な季節はいつ? ベルガモットの香水に最適な季節は、特に春と夏です。春の穏やかな気候に、ベルガモットの軽やかな香りが明るい気分を引き立てます。春は気温が上がり始める季節でもあり、ベルガモットの涼やかな香りが心地よく感じられます。 また、ベルガモットの清涼感あふれる香りは、暑い夏の日に特に適しています。ベルガモットの香りは、フレッシュでエネルギッシュな印象を与え、暑さによる疲労感を和らげる効果もあります。 また、ベルガモットの香水は、海辺やリゾート地での使用にもぴったりで、爽快感とともにリフレッシュした気分を楽しむことができます。 ベルガモットの香りが魅力!おすすめ香水5選をご紹介...

    ベルガモットの香水おすすめ5選をご紹介!香りの特徴や効果なども解説

    ベルガモットの香水は、その爽やかでフルーティーな香りが特徴的で、多くの人々に愛されています。 今回は、ベルガモットの香水の魅力を徹底解説し、その特徴や効果...

1 4

LINE友達に追加で10%OFFクーポンプレゼント!